石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
輕吏の態度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りき。又天明以前、能美郡の百姓持山は別宮奉行の管理に屬し、別宮に與力三人、小松に
山廻足輕二人を置き、許可を得ずして林木を伐採することを嚴禁せしが、彼等は日々山林
を巡邏し、若し刈柴の中に稚松を混ずるが如きこ...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
金澤の芝居再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩の演劇は、安永四年八月以降許可を得て、金澤春日社内・宮腰等に淨瑠璃芝居を興
行せしを以て再興の初とするが如く、しかも尚表面は木遣狂言...
第六章 大聖寺藩治一斑
汽船建造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大聖寺藩が太政官の許可を得て琵琶湖に汽船を浮べたることは、同藩の成せる文化事業と
して最も見るべきものゝ一なり。藩が之を出願...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
諸興行の慣習とその禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年を經て、また犀川河原に操芝居を興行するものありしかば、吏作右衞門を捕へて鞫問せ
しに、作右衞門は藩の許可を得たるに因ると辯解せしも、實は虚僞を陳述せしものなりし
を以て、遂に泉野に於いて火刑に處せられ、且つ...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
遊廓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なりとすべし。かくて賣女は公然の秘密として行はれたりしかば、文政三年町奉行山崎頼
母範侃等は、寧ろ之に許可を與へて監督を嚴にし、困窮に堪へざる子女をして生活を得し
むるを策の得たるものなりとし、三月二十五日藩...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の善後策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
泰の苦衷を憐み、その異心なきを諒察せられんことをと。次いで五日、齊泰は在京の幕吏
に對し謝罪の爲上京の許可を請ひ、且つ若しその請の許さるゝときは宜しく速かに途に就
くを欲すといへども、慶寧扈從の輩の刑律を正す...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の封地返還
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に對する從臣若干を割きて宗藩の利常に屬せしめんと欲し、之を幕府に請ひたりしに、十
七年二月に至りてその許可を得たり。蓋し當時豐臣・徳川二氏の關係復穩かならず、大阪
の諸士頻りに利長を延きてその黨たらしめんと企...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
根幹を掘り枝葉を芟る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
冷淡とに堪ふる能はずして自らその生命を縮むるものあり。彼等が自己所有の家屋を賣却
する場合にすら、藩の許可を經ざるべからざりしこと、之を藩の記録に徴して明らかにす
べし。彼等に對する調査は毎年定期に之を施行し...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常の平和的施設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の令を發し、七月には能登に於ける七木保護の制を設け、松・杉・檜等の良材を伐採せん
とするときは、藩吏の許可を得るにあらざれば濫に之を爲す能はざらしめしが、後にはこ
の法を加賀・越中にも施行せり。次いで九月十一...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
能樂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
至り、又慶長三年金春七郎が金澤に於いて勸進能の興行を出願せしときには、犀川河原に
芝居の場を與へて之を許可したりき。
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
光高の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
城内に入るを許す能はず。况や石材を擇びて搬出せんとするに於いてをやと。某已むを得
ず本多氏に至りてその許可を請ひしに、政重は、余輩光高侯の命を受けてこの城を守る。
老侯の言の如きは余輩の知る所に非ずとて又許さ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
爭議の再燃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
風嵐の村吏等假に修繕する所ありしも、その後破損甚だしく、幕府の代官亦交迭すること
數次にして、本建築の許可を得ること能はず。因りて元祿十年九月尾添の庄屋次郎兵衞外
九名連署して、御前及び大汝の神祠を造營せられ...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
一柳直興の禁錮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りて之に會するの機を失したるのみならず、今年參覲の時にも亦病を以て期に後れたりし
に拘らず、速かにその許可を幕府に請ふことなく、出府の後又病状を閣老に告げず。その
他常に臣屬と領民とを苦しめ、内寵多く淫行盛な...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
藩臣の叙爵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、綱紀乃ち尚連の外に本多政敏を安房守、前田直堅を近江守、横山任風を山城守たらしめ
んと欲し、請ひてその許可を得たり。この後叙爵の臣四人あること加賀藩の常制となる。
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の退隱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に就き、制度百般の施設亦悉く完備したりしを以て、四月二十六日綱紀は書を上りて骸骨
を乞ひ、五月九日その許可を得たり。この日將軍吉宗は、綱紀の女壻鳥取侯池田吉泰及び
世子吉徳を召し、吉徳をしてその封を襲がしめ、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の薨去
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
綱紀既に退老したりしを以て、先侯利常の例に倣ひ菟裘を小松に營まんと欲し、幕府に請
ひてその許可を得たり。是に於いて翌九年三月を以て國に就かんことを期し、豫め殿閣の
修營を命ぜしに、諸般の準備漸く成...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
寺中の神事能と諸橋波吉兩大夫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
盛況を呈するに至れり。この神事能は、初め毎歳八月十五日に於いてするを例としたりし
が、貞享二年以後藩の許可を得て四月十五日に改むといふ。能大夫は先に諸橋氏專ら之を
勤めしが、延寳五年藩侯が諸橋市十郎即ち後の喜...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
前田直躬と朝元
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
例なりしによる。然るに直躬は己の意を貫徹せんが爲、四月中旬藩侯吉徳に請ひて、新た
に梅鉢紋章を用ふるの許可を得、武具馬具諸器皆之を附したりしかば、重臣等侯を諫めて
前の命を撤回せしめんとせり。侯乃ち之に隨ひ、...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
十村處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、次いで島村善兵衞・加納村兵衞以下多く之に罹り、善兵衞の子義左衞門と兵衞の子彌八
郎とは代牢を出願して許可を得たり。是に於いて特に彼等の取扱を寛大にし、好晴の日を
擇びて公事場庭前の散策を許し、朝四ツの刻より...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
延命院の芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
下見をして業務を得しむる目的を以て、常設の演劇場を設けんことを藩侯齊廣に建議せし
かば、十二月六日その許可を得たりき。是に於いて同月十一日より、犀川の下流なる延命
院附近に興行を開始せしが、その初狂言は義經千...