石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家と秀吉の交情
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
伴ふが如くなるものありき。秀吉亦屢利家の邸に臨みたりしが、就中文祿三年四月八日彼
が京都に於いて公式の訪問を試みし時の如きは、公卿牧伯盡く之に隨ひ、最も儀衞の莊重
にして饗宴の善美なりしを見るべし。利家亦秀吉...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の罹病と家康の訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
翌慶長四年正月利家、秀吉の遺命に遵ひ、秀頼を奉じて淀より大阪城に移らんとせしに、
秀頼の生母淀君は家康...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
家康の利家訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三月八日家康大阪に赴きて、利家の前訪に報ず。利家病を以て之を燕室に延き、永訣の情
を演べて曰く、『是が...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
祈禱と醫療
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慰問の内書を與へられたるを謝し、併せて病状の稍輕快に赴けることを告げ、江戸に質と
なれるその母芳春院が訪問の爲に下國を請ふことあるも之を許さゞらんことを請へり。利
長が母子の至情を抑へて、幕府崇敬の誠を盡くさ...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
ハビアンの病症と後半生
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
答を著して基督教の大意を述べたる不干齋巴鼻庵、同十一年林道春がその弟信澄と共に、
松永貞徳の紹介により訪問して議論を交へ、排耶蘇の一編を羅山文集中に遺さしめたる耶
蘇會者不干氏は皆同一人にして、天正の禁制以後...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
南坊途に前田氏に仕ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
らず。細川忠興の夫人ガラシヤの信者となれるもの、亦こゝに動機を發せりといふ。行長
も亦往々にして南坊を訪問し、而して彼の信仰は南坊との會同によりて益鞏固なるを致せ
り。次いで天正十六年、行長の封を肥後國宇土に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
幕吏地理を知らず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六ヶ村なるを以て、こゝに二村にのみ限りたるは大に加賀藩の怪しむ所となり、次いで藩
臣横山外記が豐前守を訪問したる際直に之を話題に上せたりしに、豐前守は越前郷村帳に
牛首何ヶ村・風嵐何ヶ村と包括的に記載しあるを...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
廻禮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三ヶ日間には又藩士互に訪問して祝詞を交換す。賀客は必す座敷に入り、式臺より直に辭
し去るが如きことをなさず。賀客を迎ふるものは、...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金子雋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
授城中子弟一。去レ今殆五十餘年矣。友人蘭涯偶浴二于山中温泉一。歸路過二小松一。繋
留數日。詩客韻士絡繹訪問。無二復虚日一。已還。彙二其詩一爲レ卷。名曰二風咏詩草一
。蓋取下諸風二舞雩レ咏而歸之語上。請三予題二...