石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
士人の訓戒と處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
文政五年齊廣は、從來千萬言を費して訓戒するも些の効力なかりし士人に謝し、亦頂門の
一針を加へんと試みたりき。この年十月五日齊廣教を組頭に下し...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
利長の疾病再發と訓諭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
するだに頗る困難を感ずるに至りたりき。是を以て彼は遂に起つべからざるを知り、五月
十五目利常及び諸臣に訓誡する所あり。その利常に與へたる書には、他諸侯の向背如何に
拘らず、將軍に奉公の至誠を盡くすべしとなし、...
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
繼母いち
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
夫死して後、いちは日夜女紅に從事して衆口を糊せり。與兵衞長じて放縱無頼なりしかば
、いち之を哀みて常に訓戒を加へ、その惡を蔽ひて世の知る所とならんことを恐れたりき
。既にして與兵衞債を負ひて出奔せしに、いちは...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
益風紀振肅を計る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加へたりき。即ち文化七年十一月には齊廣諸頭役に告げて、延寳中曾祖父綱紀教養の途を
立て、諸頭役に示すに訓戒の言を以てせしより、世々相承けて今に至るまで百有餘年を經
たり。然るに歳月の久しき人情世態共に菲薄にし...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
伎藝の者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
中、道具屋市右衞門は押込を命ぜられ、島屋與三兵衞以下八人は差扣となり、興行を主催
したる鹽川安左衞門は訓戒を加へられき。而して觀客中士籍にある者の一人も罰せられざ
りしは、捕吏が藩の方針に從ひ努めて帶刀者を逃...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
士人の蓄妾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
嚴禁したることあり。又同じ頃の法令によりて、諸士が遊興の爲に忍びて町家に至るもの
あるを不埒千萬なりと訓戒したることありしが、固より滔々たる頽勢一片の空文を以て之
を挽回すべくもあらず。藩木に在りても尚同樣な...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
突の金銀は人の執念深き銀にこそといふ者あり。此論紛々としで決せず。』といへり。後
段記する所は、著者が訓戒の意を寓したるに過ぎずといへども、その如何に盛况を極めし
かは之を知るに難からず。重教の世に於いて富突...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
老臣の藩治振興策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
れば他の欺罔する所となり、不明の譏を免るゝ能はず。願はくは侯臣等の愚を憐み、若し
及ばざる所あらば直に訓戒を賜はりてその責を全うするを得しめよ。若し夫風俗の革正に
至りては、先世以來屢嚴令を發し給ひしに拘らず...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
士氣振作を諭す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て臣僚の士氣を振作せしめき。曰く、當今天下の形勢は卿等の能く知る所なり。然るに士
風の佳良ならざる、屢訓戒を加ふといへども多年の太平に狃れて毫も改むる所を知らず、
益怠惰に流れ彌安逸に赴くのみ。この状態にして...
第六章 大聖寺藩治一斑
利考の政治
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
しからずして能く志を就すこと能はざりしも、藩人の英主を擧ぐるもの、後世必ず利考を
以て稱首とせり。利考訓戒の書亦今に傳へらる。
第一章 制度法規 第三節 司法
民事訴訟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
然不動産の賣買を爲すを得ざりしが故に、貸借人事に關する爭議を生ずることあるも、組
頭の居中調停若しくは訓戒によりて終りしものゝ如し。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の著述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鳥獸圖考・古蹟文徴・事林明證・職原翼考・梅墩集・大明律諸書資講・南朝實録・求遺書
目録・歴代叢書・侍臣訓誡・楚辭傍訓・書札類稿二十四卷・繋年文海等は、皆自ら集輯せ
しところ。その他林鵞峰をして兩朝時令を、中原...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
陽廣公百首
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
首あり。書名は皆後人の名づくる所にして、前者は文を以て君臣上下の心得を述べ、後者
は和歌によりて同じく訓戒の意を述べたるものなり。君はる夏は六つの半に起きそめて暮
れて五つにいねたるぞよき臣主たる人あやまちあ...