石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
前記の外尚著名なるものに觀音院の能ありき。抑この觀音院の觀音像は、もと石浦山王社
の本地佛なりしを、天正十年愛宕明王院の僧祐慶といふ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
廣岡拜領地持明院金澤木ノ新保拜領地源法院金澤主計町受地慈光院金澤本多家中拜領地岩
倉寺金澤小立野拜領地觀音院金澤卯辰山拜領地愛染院觀音院地内醫王院觀音院地内賢聖坊
金澤卯辰山拜領地寶泉坊金澤卯辰山拜領地法住坊金...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
寺中の神事能と諸橋波吉兩大夫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年藩侯が諸橋市十郎即ち後の喜太夫を江戸に伴ひたるを以て、この年波吉左平次信興の演
ずることゝなり、爾後觀音院と寺中の兩秘事能に、概ね諸橋方と波吉方と交番して當るを
慣例とするに至れり。諸橋大夫は初世以來今春流な...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に寳暦十年に至りては、山中醫王寺が大聖寺藩の免許を得て之を行ひ、加賀藩に在りても
小松の梅林院・金澤の觀音院に於いて私かに主催せるを初とし、明和元年前田駿河守孝昌
が執政たりし時、石川郡の大野湊神社・金澤の神明...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
四月朔日、今日より袷を着る。朔日・二日城下觀音院に神事能あり。諸橋・波吉の兩大夫
、隔年交代して技を演じ、終りて藩の賜與を受く。町奉行二人・先手物頭二...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
金澤の名稱と芋掘藤五郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
慶覺寺の本尊是なりと云ひ、藥師は今の寺町伏見寺本尊是なりといひ、和五が懷にせし守
本尊の觀音は今の卯辰觀音院の本尊是なりと云ふ。又其の三犢の來りし方の山を、後世三
小牛(ミツコウジ)と號すとなり。藤五郎廉直なる...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
寳暦の大火災と財政難
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。御城より飛火幾口といふ數はしれがたし。殘らず淺野川川除えやけぬけ申候。淺野川橋
向、御歩町・觀音町・觀音院・愛宕の下町々小路々々・八幡宮・同町・四丁壹番町・貳番
丁・蓮昌寺町・西養寺町・念西町・茶屋町・玄門寺...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
御手役者と町役者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に當り、齋泰は文久二年四月の演能を最後とし、明治元年十一月に至るまで之を廢せりと
いへども、尚寺中及び觀音院の神事能に在りては恒例を變ずることなかりき。左に掲ぐる
は、藩の末期に近き頃の御手役者及び町役者なり。...
第一章 制度法規 第四節 租税
役銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
町木戸等普請入用・上使宿普請料・横目肝煎傳馬肝煎等扶持銀・町會所牢番人扶持米等諸
種の費用を含み、毎年觀音院に奉納せらるゝ神事能の費用も、亦この役銀中より支出せら
る。神事能の當日本町に居住する町人の爲に特別の...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
四萬六千日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
七月九日、四萬六千日と稱して觀世音の祭日とす。城下觀音院には賽客群參し、順禮の詠
歌を高唱すること宵より曉に達す。この日玉蜀黍を炙り食すれば禍を免れ得べしと信...
第三章 學事宗教 第八節 科學
和田耕藏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
充敷に學び、寛政四年十一月その皆傳を受け、歸りて明倫堂の師範に列す。門人に北村大
作ありて、同十年卯辰觀音院に算額を奉納せり。