石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
卸付米用捨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
不作の年に在りては、子作等親作に卸付米即ち用米の輕減を請ふも、親作は從來藩より用
米切を爲すべからずとの令ありたるを理由として之を許...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
親作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
親作とは、百姓多額の高を有するとき、悉く之を手作にすること能はざるが故に、その一
部を卸作たらしむることあ...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
高手作 卸作 請作 歩卸 餘米卸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り見るときは之を卸作といひ、耕作人よりは請作と稱す。卸作を爲すには歩卸によるを本
則とす。その方法は、親作より地元若干を、その村の規定による合盛を以て小作に貸附す
るの契約成立するときは、卸状と請作状とを交換...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
子作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
子作は親作に對する名稱にして、小百姓又は頭振にして多額の高を有する者より請作する
ものをいふ。俗に小作の文字を用...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若干あるを以てなり。凡そ請作を爲すものは、百姓たると頭振たるに拘らず、田地割の施
行せられたる後改めて親作より之を借り受けざるべからず。又頭振に在りては、全然持高
なきものなるが故に、己の居住する屋敷すら、田...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
田地割施行の實例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仕候儀は格別之事。一、田畑之蔭伐之儀は、田畑共二間宛伐取可レ申定之事。一、御田地
割之上大躰元小作に、親作・小作納得之上請卸之儀、村役人差加り今般被二仰渡一之御仕
法通り可レ仕事。一、先年出作田卸請共相調理置...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
作徳平均
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
とは、各人の公稱持高同一にして、定納・口米その他の諸掛り隨つて同額なるも、實際の
地積を異にするが爲、親作の卸付米と手取作徳米とに差違ある時、田地割によりて持高・
地積・卸付米・定納口米・諸懸を各人同一比例な...