石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
見風
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
見風は河合氏、名は理右衞門、河北郡津幡の人にして、後草庵を金澤並木町に結ぶ。俳諧
を希因に學び、枝紅・枝鴿...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
鏡花坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鏡花坊一號迷山。法名如達、羽咋郡菅原村明專寺の僧、後河北郡談議所村養法寺を中興し
て之に住す。鏡花坊見風の門に出でゝ俳諧に遊び、超然として一見識を有せり。時に江戸
の綾足、亦氣を負ひて一世を睥睨し、片歌二夜...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
雲蝶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
で、越前より加賀に入り、桃妖を山中に訪ひ、千代に松任に會し、水無月十八日金城に入
りて希因を見、津幡の見風と交る。次いで能登路を經、越中高岡に新年を迎へ、正月二十
八日再び金城に遊び、三月十八日龍國寺に乙由の...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
能登の俳況
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
庸工俳道に親しむものありしといへども、その手腕一も擧ぐるに足るものなし。今濱の人
盡夕庭見推の如きは、見風門下の高足とせられ、明和四年信甲相武に遊びて、歸郷の後東
茂どりを上梓せしも、眞に梨棗に災せしに過ぎず...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
既白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、概ね闌更の狐貍窟に同棲し、二人にして一人、一人にして二人なるかの如き觀あり。さ
れば破れ笠に載せたる見風の文に、『北海に化物あり。或日はおそろしく髮を亂しながら
、半衣の半化〱とあやしまれ、或時は天窻を丸め...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
智洞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
書を併せて説法百華園ともいふ)等皆是にして、終生海内を周遊し勸化をこれ事とせり。
智洞また俳諧を好みて見風に師事し、鏡花坊と號す。