石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩に於ける各宗門の事情略前述の如し。今之を終るに臨み、各派院の名稱及び所在
を附載す。天台宗院東照宮社僧神護金澤西町城内東照宮供米百貳拾石社僧東叡山常照
院兼...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
寛永の市區改正と宅地の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の下材木町より淺野川の北方に移し、紺屋町を後の上材木町に移しゝもこの時にあり。凡
そ市内の宅地は、その質に從ひて武士町・町地・郡地の三種に區別せらる。武士町は藩
士の屋敷にして、家祿に對してその坪數に略一...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、柳營に於ける款待僅かに三家三卿に次ぎ、表高百二萬二千七百石、別に十萬石の富山藩
と、十萬石待遇の大聖藩とありて、之が南北の屏蔽を成したるもの、豈封建制の一大壯
觀ならずや。但し吾人のこゝに前田氏を推稱し...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
梨谷小山の製陶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保中羽咋郡梨谷小山村に陶器を製せしことあり。同五年井の庄三西の僧了照の爲
に招かれ、こゝに駐りて土燒に著畫すること一年、鹿島郡井田村の明傳も亦協同...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
一向宗西派の
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一向宗西派に在りて觸頭たるものに、金澤の照圓・鹿島郡所口の光徳・珠洲郡松波の
松岡あり。而して照圓の觸...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
百叡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
百叡、一名は廣智、荻生氏。江沼郡勅使村一向宗西派願成の住侶なり。寛政九年六月生
まれ、少にして越後正念の實行院僧朗に宗乘を受け、又天台を慧澄に、...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
道費
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又無隱道費あり。雜華堂と號す。良悟嗣法の門下にして、元祿十六年實院九世に住し、
正徳二年大寧に轉じ、享保十四年四月寂す。大聖藩一向宗の僧にして名を知られたる
者一二...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷庄三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
庄三は井の人なり。文化十三年に生まる。初名庄七。祖父庄助は農を業とせしが、父庄
三郎に至り繪事を好み、家業を...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
祈禱と戒嚴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に戍を置けることは、既に之を言へるが如くなりといへども、尚土民の盲動せんことを慮
り、各郡一向宗大坊の主を金澤に居らしめ、彼等を質として配下各院に各その門徒を
取締らしめたるが如く、この事珠洲郡妙嚴文...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
福岡惣助
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
々藩の與力にして、人持組青山將監に屬し、祿百七十石を食めり。惣助天保二年五月二十
三日を以て生まれ、資穎敏倫に絶す。是を以て關澤房清等の一時權勢を得るや、惣助の
用ふべきを知り擢でゝ執政席留書となし、尋い...
第六章 大聖藩治一斑
第八世利考
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
利精の長子利考第八世の主となる。母は家臣西島某の女にして、安永八年正月十日江戸に
生まれ、大聖に育せらる。幼名を勇之助といひ、天明八年利物の嗣...
第三章 學事宗教 第八節 科學
津田淳三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山氏に仕へき。淳三文政七年を以て生まれ、幼名を作次郎といひしが、天保十年出でゝ津
田氏を嗣げり。淳三資豪宕、敢へて人に屈せず。是の年脱走して京師に赴き、儒家の僕
となりて苦學し、年二十五にして大坂に移り、...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
中濱鶴汀 岡田靜山 狩谷芳齋 榊原拙處 小池池旭 徳田寛所 池田九華 岸井靜齋 村山翠屋 蕪城秋雪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、初め紫雪と號す。又梅蔭女史ともいへり。江戸に出でゝ大沼枕山の義妹となり、畫を以
て諸國を遊歴す。池旭男子を厭ひ、旅次の間といへどもその室に注連を張りて彼等の入
るを許さず。戊辰の役會津侯に隨ひて北下し、...
第五章 殖産製造 第六節 製箔
能登屋左助の運動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
上公儀御縮方に茂可二相成一候に付、於二御國一從二公儀一御入立之金箔賣捌人相立候者
、加越能・富山・大聖等に金箔等取扱申者共之取縮方にも相成可レ申、猶更私手前に而
願附之趣相考可レ申与内意申聞罷在申候。然所...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
候。右高峠と申は、越中より二俣越大河谷道等、當御城下え出申候二俣街道に御座候間、
二俣村より十七八町隔西之方に御座候。其越中よりは二俣村領、同村より東之方枇杷落し
と申處に砦被二築立一候得共、御當國より此筋...