石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第三節 風教作振
孝女宇都宮末
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
孝女末は寛政四年を以て褒賞せらる。末は小松の醫宇都宮正安の女なりしが、父母は痼疾
に罹り、兄は京師に遊學し、而して妹尚幼弱なりし...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
功臣の褒賞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
同年十二月九日齊廣は、輔弼の良臣近習用坂井小平克昌(一諱成圓)を賞して秩百石を加
賜し、以て衆僚奉公の...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藩費節約
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せんと欲す。卿等見る所あらば之を審議して以聞せよと。次いで十月郡奉行及び屬吏の荒
政に勤勞したるものを褒賞し、十一月には犀川及び淺野川橋梁架設の工を興し、工匠及び
窮民等をして食を得るの途を得しめ、神明社内に...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
正月十三日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
與ふるが如し。領國中各村の組合頭五千百人に對しても亦錢三百文宛を賜ふ。但し藩侯在
江戸の年には賜餐及び褒賞の事なし。この日藩侯城内の東照宮に社參す。
第三章 學事宗教 第八節 科學
太田美農里
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
津田淳三の後を受けて金澤病院主務醫となり、十三年に至るまで勤續せり。後二十九年四
月功を以て勅定の藍綬褒賞を賜ひ、四十二年齡七十九を以て易簀す。
第四章 美術工藝 第六節 刀工
延寳に於ける變遷
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
名工と認むる者なるが、かくの如きは太平時代に於ける武士の感賞の延長と見るべく、か
の大坂の助廣・眞改を褒賞すると同一事情によるものと解せざるべからず。從つて日本刀
の本質たる鋭利を尊重する點より觀察せば、四郎...