石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第三節 司法
裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
公事場に於ける犯罪の裁判は、初は式日毎に年寄一人必ず出廷して訊問に與り、年寄中の
協議によりて、判決を與へたりしが、萬治の頃よ...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
内通者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
裁判の結果に依れば、大槻長左衞門は朝元の獄中に銀子及び火箸を送附し、久保田四郎
右衞門は朝元の妾たりし彼の...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞の牢死
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の下に置くべからずとなし、五兵衞及び要藏は金澤町會所の獄より、孫兵衞は川下牢屋よ
り、九月晦日藩の高等裁判所にして監獄を兼ねたる公事場に假收容せり。次いで十月二日
喜太郎の手代市兵衞も亦川下牢屋に投ぜられ、尚...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かくて郡奉行等は、十一月二日を以て被告の口書八十七通を公事場に送附したりしが、公
事場の裁判はその後久しきに亙りて繼續し、公事場奉行前田外記・岡島左膳・石野右近・
本多求馬佐、公事場横目役淺野周...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
在とは藩政の衝に當り、公事場奉行多賀源功・公事場掛與力内藤誠左衞門をして、退京の
事に參與したる諸士を裁判せしめ、十月十八日以後不破富太郎・千秋順之助以下漸次その
刑を定めらるゝに至れり。榮通も亦十九日加判の...
第一章 制度法規 第三節 司法
死刑執行の藩吏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
死刑は、中期以後公事場奉行のみ之を執行せり。葢し寛政十一年公事場奉行の上申書に、
町奉行の裁判したる罪人を、公事場に於いて死刑に處するは貞享二年に始り、爾後流例と
なれることを載す。然れども延寶二...
第一章 制度法規 第三節 司法
死刑の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は藩侯の母堂及び夫人の忌辰には、初め祥月・平月共に入牢を停止し、殊に祥月に在りて
はその前日より入牢・裁判共に之を廢せしが、天明四年より當日たりとも裁判をのみ廢す
るに留め、入牢は敢へて關する所なしとせり。但...
第一章 制度法規 第三節 司法
士人の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、公事場奉行等その家に臨みて訊問したる後刑を裁量し、藩侯に上申して決定を侯つを法
とす。然れども又その裁判を組頭或は主人たる者に委任せらるゝことありて、彼等は啻に
輕微の罪を質しゝのみならず、死刑若しくは追放...
第一章 制度法規 第三節 司法
農民の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なる地に移すものにして、妻子も亦之に隨ふを要し、その住所の定まらざる間は裁許預又
は入牢となす。農民の裁判は郡奉行の管掌する所なるも、御領國追放及び死刑は重刑なる
が故に、公事場奉行の裁判を經、藩侯の承認を得...
第一章 制度法規 第三節 司法
僧侶の裁判手續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
僧侶の裁判と判決とは、或はその頭寺に於いてし、或は寺社奉行に於いてし、或は公事場
奉行に於いてす。その頭寺をして...
1 国絵図
(8) 加越能三国図
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    大型絵図
設置以前に作成されたことがわかる。縮尺は、図面の計測により101,520分の1で、県庁・
郡役所のほか裁判所・郵便局・国幣社・燈明台・温泉などの位置が地図記号で示されてい
る。天地・左右の経緯度目盛に度数はな...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
前田氏の配備と末森城
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、各一決してぞ申しける。利家も内々かく思ひ寄し事なれば、啐喙に同じ、此城には武之
備も在て信厚く、萬の裁判も兼備りたる者にあらずばおぼつかなし。奧村助右衞門尉を城
主に定め宜しかりなんと思ひしか共、家老の者共...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
共、唯今私共何角申上候へば、加賀守樣御爲惡由被二仰聞一候付而、無二是非一御請申上
候。然ば自然越前殿御裁判か、又は牛首藤兵衞手下に罷成候儀候者、御請は難二申上一候
。以上。尾添村肝煎寛文八年八月廿四日久左衞門...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
服罪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
その後、これ等の罪囚に對する藩の裁判は行はれたりといへども、孫右衞門等が如何なる
答辯を試み、又如何なる白状を爲したりやは、今之を詳かにす...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
眞如院斷罪の資料
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りしも、朝元の書翰を得たるを以て、反覆鞫問して遂に眞如院が朝元と密通せる事實を明
らかにし、こゝにこの裁判を終決したりき。而して眞如院と淺尾との間に如何の關係あり
たるか。毒を置けるを眞なりとするも、その目的...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
嫌疑者とその處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の三十四人にして、その中死刑に該當せるもの五兵衞・要藏・孫兵衞・市兵衞四人なるも
、五兵衞と孫兵衞とは裁判進行中に死せるを以て實刑を科せられず。永牢に處せられたる
もの喜太郎・佐八郎・九兵衞・喜助・久次郎五人...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
五兵衞と外國貿易
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
り牢乎として拔くべからざる證跡の存するにあらず。且つ外國貿易の事が疑獄の原因とな
りしにもあらずして、裁判の進捗中未だ一たびもこの問題に觸れしを見ざるなり。然らば
後世五兵衞が外國貿易を爲しゝと推定するに至り...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
其二
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五兵衞等裁判の際、その局に當りたる本多求馬佐・淺野周左衞門・石黒堅三郎等の談によ
れば、本件糺彈の時五兵衞に對し貿...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
其十一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
錢屋一族裁判の際公事場の留書たりし早川儀三郎の談に曰く、河北潟置毒の爲に數村の漁
民は活計の途を失ひしのみならず、...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩兵の撤退と降人の處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二月朔日田沼意尊、永覺寺に於いて裁判を開始す。是に於いて加賀藩の諸將相議して曰く
、幕吏が浪士を憎惡すること此くの如く甚だしきものあり。想...