石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
行山康左衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
行山康左衞門は、歩士組に屬し祿五十俵を受けしが、元治甲子の事に座し十月二十六日逼
塞に處せらる。行山康左衞門右康左...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の上洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・不破富太郎・廣瀬勘右衞門・青木新三郎・大野木仲三郎・高木守衞・石黒圭三郎・岡野
外龜四郎・福岡文平・行山康左衞門等は、皆惣助・幸三・斧吉と相往來して國事を議し、
餘一も亦前罪を赦さるゝに及びて之に加り、勤王攘夷の説...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
大野木仲三郎の山森權太郎問責
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寧は横山外記・千秋順之助をして同じく往かしめ、仲三郎も自ら戮力せんと欲して行を共
にせり。時に歩士横目行山康左衞門は、亦事のこゝに至りしを以て權太郎の遲疑怯懦によ
るとなし、七月二十七日その歸藩の途に就くを待ちて要撃...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
同志の捕縳と慶寧の幽居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
西要人の邸に拘し、先に寺西邸に在りし福岡惣助を公事場に移し、岡野利兵衞・岡野外龜
四郎・廣瀬勘右衞門・行山康左衞門・福岡文平等國事に關して談論せしものは皆その家に
錮せられ、又吏を京都に遣はし、駒井躋庵を捕へ來らしめ...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
本多政均等の執政と關係者の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
岡野判兵衞第三子]岡野外龜四郎永牢町醫者谷村直閉門大小將組岡野判兵衞逼塞、後公事
場内禁錮六組歩士横目行山康左衞門逼塞御預地方用瀬尾餘一譴責遠藤誠摩山森權太郎湯原
平馬藤懸十郎平馬場清太夫杉山小隼太嶺平左衞門篠原勘左...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
慶寧の入洛
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
筐中に藏せり。事急なるに當りて之を開けと。この夜慶寧小松に至りしに、去々年譴を得
て屏居を命ぜられたる行山康左衞門は、竊かに家を脱して追ひ來り、侯の旅舘に就きて封
事を上り、又駕に隨ひて上洛せんことを請ひしが、慶寧は...