石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
班軍は豫定の行動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。』といひて同意を表し、毫もその班軍を難詰せざりしなり。而してこの退却が、越後の
堀秀治に對して叛徒の蜂起したるを以て、之が鎭定の爲に援軍を發せんとするにあるを表
面の理由としたることは、後九月十五日に秀忠が...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
珠姫發着の月日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
仍江戸大納言樣御姫君樣、御猿樣え御祝言之儀目出度奉レ存候。尤罷越御祝儀可二申上一
候處、南部表一揆少々蜂起之由ニ付而、下二人數一可二相働一之旨被二仰出一候間、當國
人數庄内邊迄罷立候。就レ其拙者式も出陣仕候條...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
治脩時代の借知と貧民の蜂起
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明和八年四月治脩、重教の後を享けて藩侯となる。この時藩の收支益均衡を得る能はざる
に至りしを以て、十一...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
征長の議と加賀藩の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ち兵馬の區に變じ、人民の艱苦國家の疲弊勝げて言ふべからざらんとす。之に加ふるに不
逞無頼の徒虚に乘じて蜂起するあらば、如何にして天下の混亂を救はんや。且つ去冬幕府
は使を諸外國に遣はして、和親交易の中止を提議...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
齊泰の幕府へ建白書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
懼服從可レ仕候。左なき時は忽中國兵馬之巷と相成、人民之苦み海内之疲弊、加之野心之
徒其虚に乘じ、東西に蜂起仕間敷にあらず、浪士潛伏之機一時に發し、竟に天下之亂と相
成可レ申候。然るに舊冬横濱鎖港之使節御指立に...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
價忽ち向上して、六年三月二十七日金澤に於ける米一石の相場銀二百三十五匁となり、遂
に四月十二日には暴民蜂起にて、米商人たる森下町の釣部屋仁兵衞・茶屋三郎兵衞・尾張
町の淺野屋知左衞門・新町の茶屋三右衞門・下堤...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屋市右衞門を捕へ、六年四月十三日之を刎首の上梟刑に處せり。石川郡鶴來に於いても、
亦五年七月十五日暴民蜂起して富商の邸宅を毀ちしものあり。その主謀者は、翌年九月に
至りて梟首の刑に處せられき。當年梅雨(安政五...