石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
上田作之丞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
就きて學びしが、利明はその才を愛し、養ひて己の贅壻たらしめんと欲せしも從はざりき
。この年以後作之丞は藩校明倫堂の生徒となり拮据勵精せしかば、成績常に優秀にして屢
賞賜せられしことあり。而も作之丞は藩校の學風...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
程朱派の再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
專ら新註を奉じ程朱の説を尊崇する學者をのみ簡拔するに努めたりき。故に士の苟くも職
を君側に奉じ、教鞭を藩校に執らんと欲するものは、皆この途に馳せざるべからず。不破
浚明の詩人として藩主の左右に侍するや、その標...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
皇學の勃興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
緊密を加へたりしかば、我が國體の由來に關して反省すべく、益古書を繙くものあるに至
りたりき。是に於いて藩校明倫堂に在りても、嘉永五年六月その教科として皇學講釋を加
へ、田中躬之・石黒千尋をして講師たらしめ、狩...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
黒羽織黨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
異名にして、他を毒せずんば止まざるの意なりと。蓋し作之丞自身をして言はしむるとき
は、據遊舘の從學者が藩校明倫堂の生徒よりも多數にして、人材亦輩出したりしを以て當
路の藩吏之を嫉視したると、天保凶荒の際その徒...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
皇室中心運動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
惚助等亦外に在りて斧吉を助けたりしかば、こゝに初めて皇室中心主義の運動を見るに至
りたりき。然るに當時藩校明倫堂に在りては、專ら舊制によりて經書を講ずるを主とした
りしを以て、横山氏學問所の學規を以て異端なり...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
菅野輔吉傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ものゝ如くなりしかば、三太郎も遂に之を顧みざるに至れり。然るに義父の歿後、輔吉初
めてその無學を耻ぢ、藩校に入りて書を讀み、遂に山邊沖太郎・井口義平と交りて政均暗
殺の事に加れり。明治四年政均の臣矢部策平等の...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、漸く收支の均衡を失へる多端の藩費を割きて、之を置くを焦眉の急とせざりしに因るな
るべし。是を以て實際藩校の創立を見たるは、寛政中治脩の世に下り、盛岡・桑名・會津
・岡山・米澤・佐賀・和歌山・仙臺・名古屋・熊...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
詩賦と藩校
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
詩佛既に去るの後、その勢力猶牢として拔くべからざるものあり。遂に大島桃年等は、藩
黌の教育が專ら經籍の...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
金子 惺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
惺金澤に歸り、一二同好の士と共に古文を講習す。王政改新の時、惺今枝氏の軍に從ひて
奧越を征し、凱旋の後藩校の教職に任ぜらる。四年金澤縣屬となり、七年石川縣專門學校
教諭となるに及び、儼然文壇の盟主たりしが、翌...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大瀬直温
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大瀬直温、通稱を友作といひ、鈴嶂と號す。その學業は主として之を藩校明倫堂に得たる
所なり。直温明治三年十一月を以て文學訓導に任ぜられしより後、諸學校に教鞭を執り、
二十年...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
武藤元信
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
武藤元信、裕軒と號す。藩士武藤濃之助の子なり。初め藩校明倫堂に學び、又豐島毅の門
に入りて漢學を修む。明治中石川縣師範學校・第四高等中學校に教鞭を執りしが、...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
坂井茂喬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三年に生まれ、寛政八年正月家を襲ぎて藩の祿を食み、弘化四年正月七十四歳を以て歿す
。茂喬學に通じ、嘗て藩校の會頭代たり。その詩才に於いては草鹿元隆・樫田命眞と並び
稱せらる。梅屋詩集の著あり。山中温泉靈泉使三...
第三章 學事宗教 第四節 國學(上)
藩外國學者の來杖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文政・天保の頃に奧村榮實あり。老臣にして前田齊泰の知遇を受け、藩校明倫堂の總奉行
となる。榮實和漢古今の書通讀せざることなく、著書甚だ多し。その古言衣延辮は音韻の
考證に...
第三章 學事宗教 第八節 科學
本保以守
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
しが、繩墨の事に於いては耆宿といへども敢へて一言を挾むを許さゞりき。その著に造作
辨二卷あり。寛政四年藩校明倫堂の成るや、以守天文學の教授を擔當し、同六年二月を以
て歿す、年七十。