石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の罹病と家康の訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人相慶して曰く、二公の意既に解けたり、是より天下復靜平なるを得べしと。是の日、家
康書を裁して大阪なる藤堂高虎に與へ、彼が利家と輯睦せることを報ぜり。尚々かわるぎ
は候はず候。此よし左衞門(福島正則)大夫殿可レ申...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
再度の出軍に對する故障
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
巡して從はざりき。されば九月朔日既に家康の江戸より出發せしに拘らず、利長が三日附
を以て東將黒田長政・藤堂高虎に送れる書に、不日再び征途に上らんとすといへば、この
時尚出兵を斷行する能はざりしを見るべく、五日利長...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
本多政重の再仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
賀藩が幕府との關係を圓滑ならしむるに於いて、非常の適任者なりといふべし。是を以て
慶長十六年四月十六日藤堂高虎は書を利長に與へて、利常の之を祿仕せんことを勸めしに
、五月五日利長は之に答へて豫め幕府の承認を得るの...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
利常の進軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
りて苅田を行ひ、十日矢野に至り、十三日阿部野に轉じ、十七日住吉に赴きて家康に謁せ
しに、家康は利常及び藤堂高虎を召し、地圖を按じて攻撃計畫を説明せり。冬陣日記に之
を十八日に係くるものは誤なり。この日以後將卒皆甲...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
前田勢眞田丸に迫る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
皆大に驚けりといへども矢丸を防ぐの具を有せず、聲を潛めて塹濠の側に伏したりき。是
の日城將南條光明は、藤堂高虎に内通するの約ありしが、事露れて敵の誅する所となる。
然るに高虎は未だ之を知らざりしを以て、光明に策應...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
開戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
城に於いて家康に謁し、尋いで三日竹田に抵りて次し、四日天神森に、五日砂村に、六日
久實寺に入れり。同日藤堂高虎は大坂軍の長曾我部盛親と矢尾に戰ひて之を破り、井伊直
孝・榊原康勝も亦木村重成の軍と若江に戰ひて敵將を...