石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
藤内
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藤内は一に籠屋(カゴヤ)・掃除之者又は隱亡ともいひ、非人頭も亦これより出づ。その郡
村を巡回する時には藤内...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
物吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
なり。其圖は癩人籠を負、手に棒を持たる乞丐なり。』といへば、初は癩人たりしものな
るべし。物吉は素より藤内頭の配下にあらずといへども、同族漸く増殖し、生活亦困難と
なるに及び、朝夕城下に赴きて食を求むるものあ...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
藤内の餘藝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藤内の中に、春は福之神一名大黒舞、夏は鐵輪切・簾切一名綾織、冬は節季候となりて町
方・村方を巡る者あり。元...
第一章 制度法規 第三節 司法
犯罪者の收容手續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
るは、盜賊改方奉行の所管にして、その配下が捕縳したるものを收容する所とし、犀川の
下流石川郡向増泉なる藤内頭仁藏の邸地に設け、之が監視を仁藏・三右衞門の二人に委任
せしものなり。故に又仁藏の牢屋とも稱し、牢番...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
神農祭 萬歳 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
行することなし。又別に隱亡萬歳あり、男女相混じ、小太鼓にて噺し、心中物語の如きを
謠物とす。金澤にては藤内を惣じて隱亡と稱することありて、この萬歳も亦近郊の藤内
り出でしなり。越中二上村より出でたる猿廻が武...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
非人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又城下中島町及び郊外笠舞村に非人頭と稱するもの七人あり、町中の非人を取締り、病死
せる非人を葬り、藤内頭に預けられて犀川川下の牢獄に繋がるゝ囚人の捕繩を取り、武家
・町方に祝儀ある時は米錢を乞ひ、正月・節...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法實施
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、分限相應に高・物成を全うして、未進・隱田私曲の申分はなかりけり。〔三壺記〕○改
作方の御用は、第一伊藤内膳[重正]・菊池大學[直辰]相勤候。改作奉行は山本清三郎
・河北彌左衞門・岡田左七抔相勤申候。此外にも...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
今枝近義の在藩老臣に與へたる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
立申由書のせ申候。宗甫・紀伊守如何樣之仁にて候哉、御聞居候て悉御書付可レ被二指越
一候。一、右之一〓伊藤内膳・菊池大學兩人に相談、畢竟は公儀沙汰にも可二罷成一候條
、證據に可レ成儀可レ有二言上一旨御意候。十六...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
士人の絶望と農村の窮乏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
納すべき請書を提出せしめき。超えて二十七日先に捕縳したる者十五人を御算用場の所管
にして犀川川下に在る藤内仁藏の牢獄に投ぜしに、彼等の中慘苦に堪へずして死する者五
人を生ぜり。而して生存者は十一月晦日出獄を許...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
横山隆平家祿奉還を請ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に及びしも、藩知事は尚姑く從前の如くなるべく、異日衆議公論を經て決すべきことを諭
して容れざりき。同月藤内の商業は從來垣内に限りて營むを許したる制を緩め、向後郭外
に於いても亦之を行ふを得しむ。唯その住居は尚...
第一章 制度法規 第二節 祿制
改作法施行前の過渡期
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、百姓共手前以之外に仕直し申、殿樣御損被レ遊に、其禮に百姓共働可レ有事かと思召之
由、前田七郎兵衞・伊藤内膳など十村共に申渡す。十村共も近年の作十分滿ち申事も、殿
樣御慈悲の下る故也。内々下にて申合候間、彌惣...
第一章 制度法規 第三節 司法
裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ゝなれり。訊問の方法は、口頭にてするを詮議といひ、痛苦を與へて事實を白状せしむる
を吟味といふ。吟味は藤内之を行ひ、竹刀を以て頭又は耳を打つもの、棒を以て臀部を打
つもの、二本の棒を以て脚部を挾窄するものゝ三...
第一章 制度法規 第三節 司法
磔 引廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して馬上に乘らしめ、人名と罪状とを記したる業札を立て、『出て見さつしやい。』と呼
ばしめ、鎗を捧げたる藤内二人之に次ぎ、最後に足輕ありて之を監す。若し罪人にして身
體衰弱し、馬に跨る能はざる時は、畚に載せて擔...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
初午 福の神 春駒 正一位稻荷大明紳 福俵福右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
正月二日以降七日に至る間、藤内・非人の來りて米錢を乞ふもの多し。其の中に初午あり
。竹籠に紙を張りて脚部なき馬を作り、肩衣のみを着し...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
師走狐 てんや尾右衞門 チヨロケン坊主 シイヤイナ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
歳末に當つて藤内・非人の來りて米錢を乞ふ者亦多し。その師走狐と稱するものは、白布
を以て全身を包み、又尾を垂れ、狐の面...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
座頭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
凡そ武家・町方に吉凶ある時、米錢を乞ふの特權を有するものに座頭・藤内・物吉等あり
。座頭に對しては、その施與の額固より一定の慣習あることなしといへども、盲人の狂暴
なる者意...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
東本願寺末寺
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を拜みに出申由に付、其段申上候へ者、誰も成まい、生佛とは門跡の御事と被レ仰候。〔
異本微妙公夜話〕○伊藤内膳檢地奉行致し候節、在々に一向宗有レ之、寺地被レ下罷在候
。是等取上地子に被二仰付一候へば、大分の御銀...
第五章 殖産製造 第一節 農業(上)
前田氏の自領檢地
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
領内に檢地を施行したるは、天正十一年大屋助兵衞・森川善右衞門・稻本與左衞門・三島
久内・山本作助・歸山藤内を領内鳳至郡に派遣したるに初る。但しこの檢地は秀吉の檢地
以前にあるを以て、地積は尚大小半歩を以て記さ...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
等の意味を含蓄せり。改作法の執行は、前田綱紀の施政を攝行したる利常によりて慶安四
年より着手せられ、伊藤内膳等を奉行とし、御扶持人十村等を小松城内に延きて事務を執
らしめ、明暦二年に至りて略成功せるものなり。...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
改作奉行の任命
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
び先に命じたる改作奉行を廢し、自ら改作に關する事務を總理せり。然るに萬治元年利常
薨去したるを以て、伊藤内膳と菊池大學との二人は改作事務を指揮したりしが、次いで寛
文元年五月に至り再び改作奉行四人の任命を見た...