石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第八節 科學
宇田川玄眞と蘭法醫術の初試
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
我が藩に試みられたること實にこゝに起る。玄眞この年十二月八日金澤に來り、堤町の旅
館に泊す。隨ふ所門人藤井方亭を初とし、若黨・藥籠持・長刀持・挾箱持・陸尺に至るま
で凡そ十人を算す。玄眞治脩の病を診し、翌六年二月...
第三章 學事宗教 第八節 科學
藤井方亭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藤井方亭、名は俊、伊勢の人にして、父を周朔といふ。方亭江戸に出でゝ、醫を宇田川玄
眞に學び、文化七年その周旋に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田齊廣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を好み、才を愛す。文化五年大田元貞の吉田侯に仕ふるを懇請して之を聘し、六年天文學
者本多利明、七年蘭醫藤井方亭を祿す。加賀藩に西洋學の起れるはこれを始とす。此の時
長井平吉・渡邊栗・林瑜等を擢でゝ明倫堂學士と爲し...
第三章 學事宗教 第八節 科學
前田齊廣の蘭法鼓吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
せり。是に因りて觀れば、齊廣が蘭法醫術を鼓吹したるの功績甚だ大なりといふべく、之
に加ふるに吉田長淑・藤井方亭二人の蘭書飜譯の業を助けんが爲、特に廩米を増賜して後
顧の憂を除きたる如きは、往時綱紀が稻宣義の研究費...