石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
闌更
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の作句的體度に就いては、その著有の儘に述べたるが如く、初め伊勢風に低迷したりしも
、一旦偶然非を悟りて蕉風に歸りたるものにして、之と同時に麥水が虚栗調を主唱するを
も快しとせず、麥水の如きは芭蕉の延寶・天和に...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蕉風の勃興一笑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
貞享に入りて芭蕉獨創の天地漸く開かれ、我が地方の俳士亦その幽玄閑寂を愛するものを
生ぜしが、彼等が相率...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
希因
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
じて乙由門下の高足となる。而もその才識の非凡なる、徒らに美濃・伊勢の格調に雷同す
るを欲せすして、直に蕉風の核心を把握したるは、後闌更の著せる破れ笠に、『先師暮柳
は見龍・麥林の門に有りながら、風雅は古今に獨...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
麥水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤の俳人大浦青城が、嘉永三年屏風の下張より得たるもの今に傳はる。麥水が伊勢派の
卑野平板なるを厭ひ、蕉風に復活せんと試みたるはこの後のことにして、明和七年には俳
諧蒙求を著し、俳味の何たるかを童蒙に教へんと...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
長崎出島に於ける麥水
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て肴を指す。通詞則ち再び書して、空の滿月を指さして、其趣意をあら〱と告。爰に於て
我不レ知萬里の彼方へ蕉風の俗談平話を正す詞、おぼろげにも通じけり。』と。かくして
麥水は、遂に彼の俗談平話を紅毛人に強賣したり...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
麥水の反對者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
須レ數。君不レ見蕉門七部集。棄二盡糟粕一有二虚栗一。』と咆哮せり。麥水の抱負之に
よりて見るべく、彼は蕉風の七部集を虚栗・冬の日・春の日・曠野・猿蓑・瓢・炭俵なら
ざるべからずとし、虚栗を採らずして續猿蓑を加...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蒼虬の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蒼虬の功績は、當時蕉風の俳諧大に衰へ、句意頗る卑近に陷りたるを憂へ、刻苦精勵之を
挽回せんと努力したることにあり。されば梅通...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蔦の家一派 北聲會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀五大俳宗北枝・希因・闌更・蒼虬・梅室の句を集め、美濃・伊勢の流を汲む千代尼の
作は之を附録として、蕉風俳徒の目標を示し、三十九年には俳諧正式鑑を發行して、連句
の趣味を鼓吹するに努め、同時に杖を東西に曳き...