石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
蓮代寺窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
源右衞門は嘗て吉田屋窯に從事せし人なるが故に、その緑色系の製作を出しゝこと當然な
りといふべし。かくて蓮代寺窯には、一時徒弟を養ふこと多く、將に大に隆盛に向かはん
とせしに、文久の初に於いて陶磁を濫造するものを生...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
松屋菊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ぎ、八日市町に陶場を開き、嘉永初年青九谷燒を改良せり。青九谷燒は、嘗て江沼郡に吉
田屋窯あり、能美郡に蓮代寺窯ありしといへども、菊三郎は前者の如く全面を塗詰にする
ことなく、後者よりも純粹精良なる磁器を用ひ、特に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶業
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保中に至り、能美郡内に八幡窯・小野窯・蓮代寺窯・再興若杉窯・佐野窯等の續々とし
て起れるものは、その原料の豐富なるに由ると共に、郡民の性質殖産興業を...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶工 本多貞吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯・小野窯・蓮代寺窯に關係したる諸工中、手腕の優秀なるものは、第一に貞吉を擧
げざるべからず。貞吉は本多氏、陶銘には本多貞...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の製法を傳習せり。既にして文政六年江沼郡に吉田屋窯の開かるゝや、源右衞門之が計畫
に干與し、天保中自ら蓮代寺窯を經營するに及びてその地位益重きを加へたりき。源右衞
門亦父の雅號を襲ぎて東郊と號し、文久三年歿す、享...