石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
庵號の繼承
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
俳人が前哲の庵號を繼承することは、蒼虬・梅室の頃より起りたる一種の流行にして、そ
の基づく所は、古俳諧の花之本宗匠號が曉臺に因りて復興せられ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蒼虬の功績
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蒼虬の功績は、當時蕉風の俳諧大に衰へ、句意頗る卑近に陷りたるを憂へ、刻苦精勵之を
挽回せんと努力したること...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蒼虬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蒼虬は成田氏、通稱時二又は庄助、諱は利定。もと加賀藩士に出づ。初名李牧、俳諧を闌
更に學び、所居を蔦の屋と...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
蔦の家一派 北聲會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
地方俳壇の爲に專ら力を盡くし、その所謂正風俳諧の復興を主唱したるものに蔦の家一派
あり。蔦の家は、古く蒼虬の創めたるものなるを、維新の後甫立・賢外・萎文・龜悦・證
專等の集團によりて再興せられたるなり。然るに...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り。共に地方的俳壇のものにあらず。麥水稍後れて出で、新虚栗調を提唱して天明革新の
急先鋒を爲し、闌更・蒼虬・梅室の三老は、塵尾を洛陽に揮ひて、四海に號令せり。され
ば江戸時代の俳諧史を講ずるもの實に加賀の俳壇...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
天明以後の俳況
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
晩年と時を同じくして加賀より起りたるものに闌更あり。天明・寛政の俳壇に獨名を擅に
し、而して之に次げる蒼虬は寛政より天保に亙り、梅室は化政より嘉永に及ぶ。皆天下の
老匠を以て目せられ、穩健閑雅の俳風を推稱せら...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
闌更
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。闌更子弟を導くこと最も懇切なりしかば、束脩を入るゝもの千を超えたりといひ、加賀
の俳人中に在りても、蒼虬・梅室を初とし、逸庵蘆峰・五松下黄花・槐庵馬來・圃辛亭松
菊・柿丸舍擧遠・冬葉庵一杪・翠臺眉山・園亭鹿...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
梅室
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蒼虬と並び稱せらるゝ梅室は、姓を櫻井、通稱を次郎作、諱を能充といへり。明和六年金
澤に生まれ、磨刀を以て藩...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
鳳兮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鳳兮、春藤氏、通稱四平、所居を閑時庵と號す。珠洲郡小路の人、安藤叔明の弟なり。俳
諧を蒼虬・梅室に學び、屢上國に遊びて諸家と交る。天保十四年九起、芭蕉百五十回忌に當
りてその遠忌を營み、後花の...