石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀藩の若杉窯保護
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯が春日山窯と同じく、加賀藩より經費の補助を與へられたることも、亦特に之を注
意せざるべからず。葢し當時...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯は、能美郡若杉村の十村役林八兵衞の經營に係る。八兵衞は元と瓦窯を有したりし
を以て、試に製陶を工夫する...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
八幡窯 佐野窯
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年には陶工八兵衞によりて新たに花坂村字新山に磁石の發見せらるゝあり、又同村八枚田
に陶土を得るありて、若杉窯の前途益々洋々たりしが、不幸にしてこの年火災に罹り、爲
に窯を八幡村字土山に移築せり。八幡窯の規模は頗...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉彌右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
門は若杉村の人、文政元年貞吉の門に入りて陶業を修めしが、不幸にして貞吉その翌年に
歿し、次いで天保八年若杉窯は火災に罹りたるを以て八幡村に移されき。彌右衞門乃ち自
ら發奮し、林八兵衞の若杉窯の遺址に就き、新たに...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉窯開創に關する誤傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前記若杉窯の開創に關しては、能美郡陶窯沿革に、安永八年林八兵衞が貞吉を雇傭したる
より起り、平助も亦來りて業を助...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
若杉燒の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯には貞吉・平助等肥前系に屬したる工人ありしを以て、その白磁が伊萬里風に作ら
れたること勿論なり。而して...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶業
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保中に至り、能美郡内に八幡窯・小野窯・蓮代寺窯・再興若杉窯・佐野窯等の續々とし
て起れるものは、その原料の豐富なるに由ると共に、郡民の性質殖産興業を好むが爲なら...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の陶工 本多貞吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
若杉窯・小野窯・蓮代寺窯に關係したる諸工中、手腕の優秀なるものは、第一に貞吉を擧
げざるべからず。貞吉は本多...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀の陶磁器
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る所極めて廣汎にして、最も主なる陶窯のみに就いて言ふも、江沼郡の古九谷窯・吉田屋
窯・永樂窯、能美郡の若杉窯・小野窯・蓮大寺窯、金澤の春日山窯・大樋窯等を擧ぐるこ
とを得べく、是等の中、獨り大樋窯が樂燒の系統に...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古九谷窯廢滅以後
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
保すベからざるなり。或は曰く、今日の所謂古九谷燒なるもの、その十中の三は明朝將來
のものとし、その三は若杉窯等の作品とし、他の三は明治年間石田平造・松本佐平・竹内
吟秋・友田安清等諸良工の仿製とし、殘餘の極めて...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の經營は正に知命の齡に達したる貞吉の指揮監督に屬したりしなるべく、而もその後三年
にして貞吉は能美郡の若杉窯に從事したるを以て、春日山窯はその中心たるべき人物を失
ひ、纔かに窯元名義たる松田平四郎によりて之を維...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
鍋屋吉兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。葢し古九谷系の餘蘗なるべし。その子丈助は寛政の頃より起り、業を父に受けて松下堂
黄影と號し、能美郡に若杉窯の起りしとき往きて之に着畫し、後小松に移りて多く徒弟に
教へ、又江沼郡に往復して就業せり。その作風赤繪...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
能美郡の製陶
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りたる春日山窯が、終始萎靡不振にして遂に大規模の製産を爲すに至らざりしに拘らず、
同八年より着手したる若杉窯の駸々として發展したる所以は、前者がその原料たる磁石を
遠く能美郡に仰がざるべからざる不便ありしに反し...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
小野窯の特徴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
小野窯の作品には、青華磁器なきにあらずといへども、赤繪附のものを最も多しとす。こ
若杉窯又は飯田屋窯の影響を受けたるによる。又赤色顏料及び各種の交趾釉を使用して
、之に金彩を施したる彩色金襴...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
儀兵衞
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
儀兵衞は能美郡八幡村の人なり。貞吉に若杉窯に師事し、小野窯の起るや又之を助けたり
き。儀兵衞は白磁製造の功勞者として記憶せらる。
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
北市屋平吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
享和三年を以て生まる。幼にして繪畫を好みしが、文政四年伊勢國龜山に至りて製陶の業
を學び、七年歸郷して若杉窯に入り、勇次郎に師事せり。次いで天保二年吉田屋窯に轉じ
、四年自ら小松に開窯するに及び、藩侯の御用を命...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
齋田屋伊三郎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年伊萬里に赴き、宇右衞門に就きてその畫風と燒成の法とを研究し、後尾張・美濃を遍歴
し、天保元年歸郷して若杉窯の橋本屋安右衞門に聘せらる。六年伊三郎自ら佐野に窯を起
して徒弟に教ふ。是より名聲大に著れ、門に入りて...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て樂燒を業とし、傍ら點茶を樂しみて號を東郊といへり。源右衞門亦夙に父に從ひて業を
習ひ、且つ本多貞吉の若杉窯に在りて名聲嘖々たるを聞き、その門に入りて白磁の製法を
傳習せり。既にして文政六年江沼郡に吉田屋窯の開...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
九谷庄三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郎に至り繪事を好み、家業を棄てゝ染物上繪又は陶畫を以て糊口し、四十二歳を以て歿せ
り。庄三は年十一の時若杉窯に入りて畫工となる。然るに九閲月の後夙く青華磁を作り優
秀の手腕を示したりしかば、窯主は彼が天禀の才あ...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
粟生屋源右衞門の召還
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屋源右衞門が若杉を去りて九谷に赴けるを知り、その大聖寺藩領に赴きて製陶に從事する
は、勢ひ加賀藩領なる若杉窯の衰微を來すの源因となるべきを以て直に之を召還し、その
他行を禁ずること翌七年七月に及べり。小松中町あ...