石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に陷れるもの、亦同一の源因より來る。本編を讀む者、能くその由來を極め、以て縣下の
淳風を助長し、汚習を芟除するに努めば、史學獨自の目的に供する外、別に得る所あるべ
く、本縣が之を出版したる所以のもの、亦將に大...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
基督教徒の遺蘗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かくの如く戒飭を加へたるに拘らず、その後尚全く之を芟除すること能はざりしことは、
かの契利斯督記に、『加賀國。此國には高山右近云々、内藤飛騨守云々、此者兩人...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
農制振興策
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ざるべからず。何となれば多年の習自ら性となり、今や弊害の弊害たる所以を知るものな
きを以て、一朝これを芟除せんとするときは愚民或は驚駭騷亂するの憂なきを保すべから
ざればなり。余豫め之を察して、既に幕府にその...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藏人一派の年寄攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
是より後ち年寄等益藏人の與黨を芟除するに努め、定番頭岩田内藏助盛照が、家老山崎庄
兵衞範古・馬廻頭山本中務守令・坂井小右衞門克任の才能大...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
寺島藏人等の芟除
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
榮實の藩政を參決するや、先づ積弊を除かんと欲し、本多播磨守政和等と相議して、天保
七年十一月四日寺島藏...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
長連弘
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
澤安左衞門房清・算用場奉行水原清五郎保延・勝手方近藤兵作信行等同志數十人と相謀り
、財政を整理し宿弊を芟除し、冗員を陶汰し贅費を省略せしかば、その政績頗る見るべき
ものありき。
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
黒羽織黨の失脚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
已むを得ずして連弘及び保延等の職を褫へり。然れども彼等が局に當りしとき既に改革せ
る法規にして、舊弊を芟除し弛緩を緊張せるものなきにあらず。これ等は素より踏襲して
變改せざらんことを要す。且つ人心の和を失ふは...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
横山隆章の擡頭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かくて黒羽織黨は一時大打撃を受けたりといへども、朋黨の弊は直に芟除せられたるにあ
らず、長連弘の失脚と共に擡頭せるものは横山遠江守隆章にして、彼も亦請託を容れ偏信
の失な...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
野口斧吉等藩情を報ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
時に藩廳に於いても議論大に沸騰せしが、藩吏皆同志の非行を論じ、この機に乘じて悉く
彼等を芟除せんことを主張するもの多く、甚だしきは公然慶寧の廢嫡を説く者すらありき
。野口斧吉乃ち高木守衞と議し、...