石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
犀川川上の芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
場を直營せしむるの議を決し、文政二年四月犀川川上新町にこれを建造し、五月六日より
初興行を爲せり。この芝居の座本中山新平は、舊と大工職たりしが故に、建築・大道具等
のこと凡べて彼の指揮によりて成りたりといふ。...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
大聖寺藩の操芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の醫王寺が、堂宇修營の資を得る爲なりと稱して富突を計畫せし際、諸人を來集せしむる
の手段として門前に操芝居を興行せしめしに、頗る地方人の歡迎を得たることあり。その
後大夫政右衞門は毎年來りて附近の諸邑を巡り、...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
芝居と北芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
文政四年六月藩は、川上芝居の北方に接して別に一劇場を建築するを許せり。因りて藤川
一松を座本とし、八月十八日中村歌之助一座にて有...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
妙義芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
當時淺野川方面に在りては亦妙義芝居の起るありき。葢し卯辰新町附近は最も細長の多く
住する所なるを以て、土地の繁榮を招くと共に彼等の生活を...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
金澤の芝居再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
加賀藩の演劇は、安永四年八月以降許可を得て、金澤春日社内・宮腰等に淨瑠璃芝居を興
行せしを以て再興の初とするが如く、しかも尚表面は木遣狂言と稱したりき。春日社に在
りては、朝六半時...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
延命院の芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
東七藏・尾上工右衞門之を演じ、翌年四月お名殘狂言として双蝶々曲輪日記を演ずるに至
るまで繼續せり。この芝居と同時に、別に三社の芝居と稱せらるゝものありしも、今その
事歴を知る能はず。末々輕者共稼も薄く難澁の躰...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
川上芝居の末路
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かくて犀川川上芝居座が盛況を持續すること十數年に及び、坂東重太郎・中村鶴助・片岡
あやめ・片岡市藏・中村重藏・尾上多見藏...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
劇場妓樓開設の反對
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に戒飭し、同十二年にも亦吏に詳密の規程を制して、奢侈を禁じ遊興の費を省かしめんと
謀りたりき。近年急度芝居並茶屋町之儀被二申付置レ之處、次第に構(カマヘ)を飾り衣裳
を飾り、兩所共人々耳目を悦し候形に致二増長...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
諸興行の慣習とその禁止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
支拂はずして之を觀るの特權を有せしかば、家中陪隸の士亦彼等に擬して恣に入場するも
のありき。因りて藩は芝居の鼠木戸に歩士を置きて看視せしめしも、その制止を肯んぜず
して亂暴し、時に拔刀して死傷を生ぜしむること...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
春日山窯の廢滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
その頃尚製陶の行はれたることを知り得といへども、文政四年加賀藩の觸書に『春日山於
二陶器所一、當分人形芝居申付候間、川上新町芝居座掛り肝煎共右場所も相兼、右地面裁
許肝煎昌次郎申談主付可二相勤一候。』とあるは...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六二八頁―六二九頁前田齊廣畫像六三〇頁―六三一頁佐久間寛臺著謠言粗志自筆本六三八
頁―六三九頁犀川川上芝居座圖六五二頁―六五三頁犀川川上芝居番附六五二頁―六五三頁
卯辰茶屋町版畫六六四頁―六六五頁女郎墓六六六...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
藩末の劇場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
かくて金澤に於いては一時劇場を見る能はざるに至り、『芝居にはもはや花咲くこともな
くまた三味線もならぬ世の中』とさへいはれしが、後文久の頃藩政の改革あるに際し...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
賞賜犒勞と貧窮撫恤
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
いで七月非人小屋に收容せる貧民中死者を出すこと甚だ多かりしを以て殊に撫恤に注意せ
しめ、八月犀川川上の芝居座を毀ちて、非常の際士民の逸樂に耽るを警め、同月また獄囚
の待遇を改めて、囹圄の構造を改良し、食餌の給...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
士人の絶望と農村の窮乏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
用之位。翌氷室(六月朔)同斷。六月土用入より餘り不氣候に付、諸寺社に而御祈禱。文
政二年犀川の上に而定芝居被二仰付一候處、此度不二相成一事に被二仰渡一。十月覺源寺
(乘龍寺カ)前芝居小屋跡・田井新町・淺野町中...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
金平金山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。後源次は金平の地内六橋に宏莊の邸宅を構へて住し、坑夫の妻子あるもの皆資を金山に
借りて附近に家作し、芝居・淨瑠璃・三味線曳・易者・軍書讀などの來るもの絶えず、宛
然たる小都會の觀を呈したりき。一、澤の金山は...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
能樂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
子孫長く之を承くるに至り、又慶長三年金春七郎が金澤に於いて勸進能の興行を出願せし
ときには、犀川河原に芝居の場を與へて之を許可したりき。
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
歌舞伎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
頗る多く、或は短册を贈り、或は菓子・瓶子を與へて之を賞せり。札錢は灰吹の細銀(コ
マギン)三分宛とし、芝居は未の刻に至りて終り、申の刻を過ぐる時は士人各駕を發して
その邸に迎へ、以て一夕の歡樂を盡くせり。その...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
歌舞伎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
亦甚だ盛ならざりしが如く、武家混目集に、明暦二年八月江戸より歌舞伎日向大夫金澤に
下り、東本願寺末寺に芝居を構へて興行したるに諸人群參せりとの記事あるを見、又刑法
拔書には、延寳元年犀川五枚町の大坂屋喜兵衞が...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
情死
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
男女の情死を生むに至れり。明和七年六月串茶屋の妓喜世川は、情人小松町の魚商吉郎右
衞門の子吉三郎と、夜芝居の閉場して嫖客の來往絶えたるを窺ひ、相携へて今江潟に赴き
、吉三郎先づ喜世川を斬りて之を水中に投ぜしが...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
盆正月
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
〱、七福神の船遊び、是を始めの旅心、喜見城下を打過ぎて、蓬莱山に着きにけり、〱。一
セイ二人『曳山の、芝居も暑き船烏帽子、踊も千代の、はやしかな。ツレ『御幸にたてる
牛車、冠ぞ加茂の競馬なる。シテサシ『面白や...