石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第一節 職制
手組足輕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
手組足輕あり。藩政中期に至るまでは、全く海寇の患を豫想すべからず。隨ひて水軍
を設くる必要を見ざりしが...
第三章 學事宗教 第七節 書道
井出正穴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
井出正水、初名は松翠、臥溪と號す。正水書を田内鐵に學びて後に一家を立つ。初め前
田綱紀之を擢でゝ祿を與へんとす。正水辭して曰く、野人は鐵の門人にして...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の罹病と家康の訪問
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
で同月二十九日利家は病を力めて、家康を伏見の邸に訪へり。この日利家の大阪を發して
伏見に至るや、家康はを浮べて來り迎へしが、先づ舘に還りて供帳し、以て利家の至る
を待てり。利家亦を棄てゝ轎に乘じ、加藤清...
第三章 加賀藩治恢弘期 第五節 浦野事件
長好連歿後の紛擾と浦野孫右衞門
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
田將監に謀る。將監曰く、須く公用に託して孫右衞門を金澤に招致すべし。我卿の爲に彼
をその途上河北郡黒津に邀へて害せんと。與助之を容れ、急使を發して孫右衞門を迎ふ
。既にして孫右衞門高松に到れば、又急使の來...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
十村處罰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なりとせしものにして、藩吏自ら之を嚴政と稱したりき。然るに偶獄中に時疫を患ふるも
のありしかば、四月稻村藤太の先づ感染したる外死者數人に達し、次いで島村善兵衞・
加納村兵衞以下多く之に罹り、善兵衞の子義左...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
關係者の取調
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
仰書与申物に而可レ有二御座一候。右歸之節風評一切承り申儀無レ之哉与御尋御座候。歸
着仕候節は川尻村よりに乘り、眼前に魚之死候儀見受候迄に而、其外途中に而承り申儀
無二御座一候。他國より石灰取寄申儀無レ之哉...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
猿丸祭 灌佛 游山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、次いで大海供養あり。この月上巳日、卯辰誓願寺に辨財天祭あり。中の申日に石川郡本
吉の祭禮あり。この頃遊山・濱遊を爲すもの多し。
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は大乘寺の主なり。初め明僧隱元の歸化するや、黄蘖の宗風獨海内に盛にして、曹洞
の諸寺之が爲に禪律を亂す...
第三章 學事宗教 第七節 書道
和樣 池田松齋 田内鐵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にして、初は豐臣氏の右筆たりしが、大坂落城の後來りて前田利常に仕へ、その孫綱紀の
師となれり。又田内鐵あり。鐵は一に徹宗に作る。心を書道に潜め、清貧に甘んず。
平生灰沙を盤上に布き、指頭之に書して學び、...
第三章 學事宗教 第七節 書道
直江菱
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
直江菱は天保三年三月を以て生まる。初め藩儒大島桃年・永山平太等に就きて經學を修
め、又長井葵園に就きて書を學...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
郡瀧又村地子地照福寺鳳至郡石休場村地子地光榮寺鳳至郡熊野村地子地長榮寺鳳至郡里村
地子地林敬寺鳳至郡名村地子地名船寺鳳至郡名村地子地養覺寺鳳至郡東山村地子地照
光寺鳳至郡澁田村地子地通敬寺鳳至郡大川村地...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
の來杖説
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
先づ藩治以前に當り、雪が加賀に來遊したることありとの説は、京都本法寺の日通が、
等伯の談を聞きて記したりといふ『畫の説』によ...
第六章 經濟交通 第四節 交通
手取川の渡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
能登二國中に河水多しといへども、皆架するに橋梁を以てして行旅の利便を計れり。然る
に獨手取川に於いて渡を用ひたるは、啻に河幅の大にして架橋工事の容易ならざりしが
爲のみにあらず、亦一旦緩急あるの時據りて以...
第六章 經濟交通 第四節 交通
浦方の高札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
は高札を立つること亦陸驛に同じく、その法令は幕府によりて發布せられしものの内、事
の港灣・海上・船舶・荷等に關するものを普く下達せんとの主旨に出づ。條々一、公儀
之般は不レ及レ申、諸廻船共に遭二難風一時は...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
壹萬九百四拾九右五升餘川北村一、貳萬五千六百參拾五石六斗四升城之橋東一、參萬參千
四百五拾四石九斗八升橋与城之橋間一、貳千百貳拾參石貳斗西方内一、八千六百九拾壹
石貳斗八升加州[江沼郡之内能美郡之内]以上...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
氣新鉢伏鉢 伏 新森内 高 松高松高 松 新木津松濱遠塚北秋濱外 日 角内 日 角白尾(以
上金津庄)橋能瀬領家指江狩 鹿 野多田御門上 山 田下 山 田上 矢 田下 矢 田中山種
興津小熊菩 提 寺池 ...
第二章 加賀藩治創始期 第一節 末森の戰
田畑家の由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
申山三ヶ所被二扶持一候。折紙今以所持仕申候。一、天正十二年、能州末守奧村助右衞門
殿御在城之刻、越中木より佐々内藏助殿御人數被レ催、末守え被二押懸一候刻、私先祖
田畑兵衞先達而奧村助右衞門尉並金澤え茂御註...
第二章 加賀藩治創始期 第二節 越中平定
秀吉の慣用戰略と成政の體度
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二出山材一切二倒大木一成レ柵、始二倶利伽羅峠左右一、鳥越・竹橋・小原・松根此外取
出城三十六也。根城木・森山・益山・富山等十餘箇所、以上國中東西之間、拵二五十餘
箇所一防レ之。』といへるが如き勇敢なる擧動...
第二章 加賀藩治創始期 第四節 大聖寺淺井畷二役
利長家康に謁す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十九日利長、丹羽長重を先驅たらしめて越前の橋に抵り、北庄の青木秀以と和を媾ぜし
が、長連龍に命じて暫くその行動を監視せしめ、木目嶺を踰ゆるに及び...
第二章 加賀藩治創始期 第五節 三國統一
珠姫發着の月日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
奧方の御用を承る金澤の人あし賑か成事申計なし。江戸より金澤迄上通の道筋掃除を致し
、橋を新たに掛直し、橋を懸け、一里々々に茶屋を建させ、國々の大名御馳走として奉
行を付、傳馬人足自由にて、旅行の心はなかり...