石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常の上洛と將軍の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る。六年三月又利常江戸に往き、四月廿三日筑前守を肥前守に、前名利光を利常に改め、
同月廿六日將軍家光の臨邸を仰ぎしに、賜献の盛なること元和三年の例に勝れり。二十九
日前將軍秀忠も亦臨み、冬に至りて利常は國に就...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
家光本郷邸に臨む
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て書院に臨みしに、利常は兒小姓を踊子として、その舞踏を台覽に供し、盛饌を備へて之
を饗せり。將軍のこの臨邸は、舊來加賀藩の諸書多く十五年二月十八日に在りとせり。然
れども徳川氏の記録を見るに、その日將軍外出の...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
本郷邸の興造
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
數、消費の金銀物資、擧げて計るべからざるものありき。かくて殿閣の興造已に終り、將
軍は同月廿六日を以て臨邸の期と定めたりしが故に、綱紀は各種の事務を分擔せしむるが
爲人を藩地より召しゝが、之を收容するに要する...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
將軍綱吉の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
時に綱紀の齡既に耳順に達したるも、尚未だ繼嗣を定めざりしが、將軍は豫めその世子に
謁を賜ふべきを告げし...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
吉徳の臨邸
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
享保十一年十二月廿一日朝元新番組に列し、新知百三十石を賜ふ。當時朝元は仙石町に邸
地を賜ひて新居を構へ...