石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
職制の改革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次いで十二月十五日、先に行政官より發布せられたる藩治職制に基づき藩の職制を釐革し
たりき。即ち加賀藩の舊制度によれば、重臣の樞機に與るものを年寄及び家老といひ...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
官衙の改廢と士分階級の改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
明治二年二月十九日藩は行政官の命によりて所々の關所を撤廢し、三月二十六日又職制
改むる所ありき。即ち御算用場を廢し、新たに會計寮・民政寮を置き、舊改作所を勸農局
、御勝手方を理財局...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
藩廳設置と給祿改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
順次遞減することゝせり。この時上士上列より下士に至るまでを士族と稱し、足輕以下を
卒族とし、同日金澤藩職制を定め、尋いで藩政に關する諸改革の要目及び租税・物産・戸
口・公廨の經費等を記して之を政府に致せり。參...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
慶寧藩知事に任ぜらる
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を金澤藩知事に任じ給へり。是より加賀藩を改めて金澤藩と稱す。この月二十四日天皇は
慶寧を御前に召して、職制を定め名實を正しくするの議を下問し給ひ、翌二十五日慶寧又
參朝せしに、勅して從來の秩額現穀十分の一を以...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
官制及び職制改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
察して輕擧妄動することなく、各その職務を盡くして朝恩の萬一に報ぜんことを期せしめ
たりき。九月七日藩の職制を改め、從來の執政・參政を廢し、前田直信・横山政和・岡田
正忠[後改棣]を以て大參事たらしめ、前田孝錫...
第三章 學事宗教 第一節 學校
明治以後の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に素讀生を新設の濟々・雍々二館に移したるが故に、明倫堂に於ける句讀師を廢すること
ゝせり。二年三月藩治職制を改定して、藩吏の階級を九等に別ちたりしが、この時學校主
付・督學・教授等の名稱を廢し、新たに學政・軍...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
寄合政治の改善
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
致して遠大の畫策を樹立すること、到底之を望み得べからざるの實情に在りき。綱紀こゝ
に鑑みる所あり、乃ち職制を改定して人材の登庸を圖り、書を近義に與へて政務を親裁せ
んとするの意あること告げ、近義が諸老臣の決し...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
連りに祿を加ふ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
元文二年八月朝元は組頭並に列し、祿千百八十石を食めり。藩の職制によれば、組頭は人
持組の次位に列し、而して組頭に准ずるものを組頭並と稱し、側用人・御廣式御肘又は學
校...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
永原甚七郎略傳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
秩祿三百石を加賜せられたりき。慶應三年十月甚七郎銃隊馬廻頭並に補せられ、姓を赤座
に復し、明治二年三月職制改革のとき學政及び軍政寮の副知事となり、後參事となる。六
年一月十四日歿す、享年六十一。一、三百石永原...
第五章 加賀藩治終末期 第八節 本多政均の遭難
本多政均の經歴
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るをいひ、安房は本多氏に累代安房守たりしもの多きを以て言へるなり。是の時に當りて
十月行政官令して藩の職制を改めしめしかば、加賀藩は之に隨ひ從來置く所の年寄を廢し
て執政に代へ、本多政均・前田直信・奧村榮通・...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に陳套の史實を摸索するを念とせず、將來前進の指針として活用せんことを希望す。本編
の内容は、制度法規に職制・祿制・司法・租税あり、儀式慣習に典禮・風俗あり、學事宗
教に學校・漢學・國學・俳諧・書道・科學・兵學...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る人々の爲に、粗笨ながらも一種の度原器を提供せんことを期せり。請ふ試に之が梗概を
記せしめよ。加賀藩の職制は、臣列の首班に年寄あり、之に次ぐものに家老あり、若年寄
あり。年寄は所謂八家の門閥より任ぜられ、家老...
石川縣史 目次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
第三編藩治時代(下)一頁第一章制度法規一頁第一節職制一頁第二節祿制一六頁第三節司
法四六頁第四節租税七四頁第二章儀式慣習一二三頁第一節典禮一二三頁第二節風...
第一章 制度法規 第一節 職制
八家
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
加賀藩の臣屬中、家格の最も高く、封祿の最も大なるものに八家(ハツカ)あり。本多・横
山・長・村井・前田...
第三章 學事宗教 第一節 學校
寛政の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明倫堂創設の際に於ける職員は、年寄奧村尚寛・横山隆從・前田孝友及び家老大音帶刀を
總裁とし、定番頭並不...
第三章 學事宗教 第一節 學校
享和の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
享和三年學校改革の時に當りては、學頭一人を置き、その身分は組頭並にして役料知百五
十石とし、又學監一人...
第三章 學事宗教 第一節 學校
天保の職制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで天保十年の學政修補により、學校主付三人・督學即ち學校方御用四人・教授三人・
助教五人・助教加人一...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
森田平次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
國老叙爵考藩祖遺誡鈔北越類聚史略續々漸得雜記扶桑長壽録金澤長壽録國事雜抄諸王傳維
新録明治職員令並藩治職制金澤藩名家由緒記加越能氏族傳加越能書籍一覽鞬橐餘考々證目録
御三代御戰功の記御三代御動座之記同御官位補...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
獨住制の採用
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
政官は、百事改革の期に際し、總持寺が元來永平寺より分派せるものなるを以て、總持寺
に於ける五院輪番の住職制を廢して獨住を選擧せしめ、總持寺の獨住寺主より總本山たる
永平寺に昇任せしむべしとの法を定め、以て一宗...