石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
羽黒成實
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
羽黒成實、初の名は成仁、字は養潜、迂巷と號す。近江彦根の人なり。本姓は牧野。父は
井伊直興に仕ふ。成實父歿する...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
前田綱紀の紹述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年には中泉恭祐、同十二年には僧高泉の來るあり。延寶三年に五十川剛伯あり。同六年に
木下順信あり。天和に羽黒成實あり。貞享元年に室鳩巣あり。正徳四年に兒島景范あり。
何れもその經學詞藻を以て來りて君侯に侍せり。而し...
第三章 學事宗教 第二節 漢學(上)
性理學の祖述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
東西より輸入せられたりしといへども、之を尊信するものは猶少數篤學の士にのみ限られ
たりき。然るに天和中羽黒成實の來りて金城に寓するに及び、最も程朱の學を祖述するこ
と深く、孜々として教授に努力せしかば、執政村井親...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
治世の初に於いて退隱したるも、其の次子永三代りて祿せられ、平岩仙桂・澤田宗堅・中
泉恭砧・五十川剛伯・羽黒成實・小瀬助信・稻宣義・伊藤由貞・兒島景范・小瀬良正・木
下廣孝等の諸儒、相次いで褐を繹くあり。特に木下順...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
村井親長
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
村井親長、通稱出雲、信齋と號す。身國相に在りといへども、貴權を挾むことなくして能
く儒生に下り、羽黒成實に從游して講經を本領とす。詩賦の如きは彫蟲の末技と爲し、敢
へて之を作るを屑しとせず。故にその遺什今に...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
大澤猶興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
臣多賀信濃に仕へてその家老となり、祿七十石を受けしが、元文四年致仕して石川郡増泉
村に住せり。猶興學を羽黒成實・伊藤由貞二人に學び、著す所耕窠集・君山詩草あり。寛
保二年九月七十餘歳を以て歿す。秋日集二建山人宅一...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
山根直廉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山根直廉、字は敬心、通稱を勘左衞門といふ。初め羽黒成實に學び、後鳩巣の門に入りて
七才の一となる。直廉經學に深邃にして徳行高く、鳩巣之に敬服せり。然れども詩...