石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
東北諸侯の討伐
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして東征大總督は、又北陸先鋒總督の江戸に進發すべき命を發したるを以て、先鋒
は十九日高田を發し、信濃を經、四月四...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
鎭撫總督の出發
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
既にして鎭撫總督の一行は安藝の藩兵二百五十人を隨へ、正月二十日京師を發して大津に
次し、二十五日小濱に至りて、慶喜征討...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
加賀藩能登の舊幕府領を管す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三月六日東征大總督は駿府に次し、東海・東山・北陸三道の先鋒總督に令を發し、十五日
を期して齊しく江戸城に向かひ進撃せしめ...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道鎭撫總督任命
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
艦に乘じて江戸に逃走したりき。朝廷乃ち慶喜の罪を嶋らし、七日を以て征討の勅を發し
給ひ、九日北陸道鎭撫總督を高倉永祜に、副總督を四條隆平に命じ、又西本願寺法主光澤
をしてその役僧を派して北陸道の士民に名分を諭...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
北陸道先鋒總督の任務
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二月十一日東征大總督有栖川宮熾仁親王、軍令及び廟算書を先鋒總督に授け給へり。廟算
書は即ち征討の一般方略を記したるものにし...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍出征と長藩の歸順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
連恭は十四日纔かに安藝國安藝郡江波村に上陸することを得て、海寳寺を陣營とし、翌十
五日廣島城外に駐れる總督松平慶勝・閣老稻葉正邦及び津侯藤堂高猷を歴訪してその着陣
せることを告ぐ。十九日連恭は總督より、緩急の...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
先鋒總督金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
二十九日先鋒總督は金津を發して大聖寺に至り、晦日小松に泊し、三月朔日松任に進み、
二日金澤に入りて東本願寺別院に舘せり...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
秀吉の關東征伐と利家利長の從軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て利家・利長父子本隊を率ゐて東山道に向かふ。三月朔日秀吉自ら京師を發し、十六日利
家をして北陸七國軍の總督たらしむ。越後國主上杉景勝・松任城主丹羽長重・佐姊城主木
村重高・上田城主眞田昌幸等之に副たり。同月下...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍の凱旋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
十二月二十八日連恭又總督に至り謁す。總督乃ち之を饗し、賜ふに紅色戎服地を以てせり
。因りて加賀藩の諸隊は慶應元年正月三日以降歸...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
會津兵の鎭壓を越後諸藩に命ず
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
げたりき。加賀藩は會津が名をその藩士の鎭撫に假りて兵を越後に進めんとするの情を知
り、三月五日之を先鋒總督に稟せしが、先鋒總督は十七日令を越後諸藩に下し、會津の兵
若しその領内に入らば諭して本藩に還らしむべく...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の赤田北野進軍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
大野五左衞門隊を妙法寺に進撃せしむるを以て、小川隊に之が應援たるべき命を與へたり
き。この日北陸道鎭撫總督高倉永祜及び副總督四條隆平は、海路を經て越後の今町に上陸
せり。八日小川隊は中田村を發して妙法寺に向か...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊長岡に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
せしめしが、次いで近藤隊の關原に來るに及び、その地に在りし半隊も亦喜多村に集合せ
り。この日北陸道鎭撫總督高倉水祜は、改めて奧羽征討越後口總督に任ぜらる。
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の森立峠の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
川壯健隊と呼び、官兵の勁勇なるものを數ふる毎に薩の十番隊・長の三番隊と並び稱せり
。之を以て九日、越後總督府は枇杷葉湯二袋、監察山田定右衞門は燒鯖三十五本を贈りて
小川隊の戰勞を慰めしが、我が兵高田を發せし後...
第二章 加賀藩治創始期 第三節 前田利家の晩年
利家の奧羽綏撫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一日氏直を紀伊の高野山に放てり。是に於いて秀吉は關東既に平ぐを以て奧羽を徇へんと
欲し、利家を陸奧檢田總督として隨行せしむ。利家乃ち利長と共に二十四日を以て江戸を
發す。九月朔日秀吉京師に凱旋す。十月利家は陸...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
征長反對第二次建白
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るに流言行はれ人心動搖して、天下別に異變を生ずるなきを保する能はず。是を以て將軍
今京師の事情に通ずる總督・守護職・所司代等を召し、親しく朝意の在る所と長防の動靜
とを審問し、然る後將軍の所見を奏し叡旨を仰ぐ...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
加賀藩の越前出兵
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
時に水戸侯徳川齋昭の子一橋慶喜は京都守護總督の職を奉じたりしが、耕雲齋等が沿道諸
藩と戰ひつゝ上洛の途に在るを聞き、一はその職責を盡くし、一は生家...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
浪士の陳情書等提出
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
及レ戰所存罷在候段返答候處、重て申越候趣は、歎願一條に付何分致二上達一候儀專要之
次第、時宜に寄候ては總督樣へ上達之樣致度旨申越候に付、歎願の趣も段々愚考仕候處、
天下を動搖いたし候罪科難レ遁儀とは奉レ存候へ...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
齊泰の在京任務終る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
京師に留守せる齋泰は、四月五日大坂の行宮に詣りて天機を奉伺し、八日後京師に還れり
。この日軍事總督仁和寺宮嘉彰親王は加賀・阿波等八藩の練兵を聖護院村に觀んとせしを
以て、齊泰は一大隊を遣はして之に與ら...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の杉澤文納人面の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
守れり。後填施條炮は外國より舶載せしものにして、當時我が國數門あるに過ぎざりし良
器なり。この日東征大總督府は軍監木呂子元孝を越後に遣はし、書を諸藩に下して戰捷を
賞せり。二十九日朝小川隊は文納を發し下樫出村...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊と小川隊との交代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
隊の吉崎半司以下二十三人を教導兵として殘留せしむることゝし、その餘は皆歸還の準備
に從へり。後十二日副總督四條隆平は柏崎病院に臨みて小川隊長以下隊員の病を訪ひしが
、その辭極めて慇懃なりしを以て、衆皆大いに感...