石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第三節 司法
死後に於ける死刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
時は、その死屍を處刑するを例とせり。例へば正徳五年十一月六日斬刑に處すべきもの、
當日拂曉牢獄に於いて縊死せしを以て、その死屍の首を打ちたる如き是なり。然るに享保
五年五月磔刑に處すべきものゝ縊死せる際、死屍...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
宗門改帳の記載例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
舊條記〕○轉切支丹松井慶雲曾孫、能州所口町醫師松井温庵娘、御自分妾さわ儀、一昨廿
六日御自分於レ宅令二縊死一候旨、縮人淺井織江より以二紙面一申越候。依レ之爲二檢使
一御徒横目早速可二指遣一候間、其御心得可レ有...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
眞如院の死亡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の如く金谷殿の廣式縮所に置きしに、寛延二年二月十五日四十三歳を以て死せり。これ長
瀬五郎右衞門が諭して縊死せしめしなり。今の尾山神社の北方に、藩政の頃一桐樹を栽ゑ
て不淨の地なりと傳へしもの、即ち縮所のありし...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
嫌疑者とその處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
關して縱令親しくその議に參畫せざるも亦粗聞知すべく、同職文右衞門が一たび尋問せら
れて憂慮措かず、竟に縊死してその跡を滅せし状あるが如きも亦以て情實を察すべきに似
たり。喜助の口供僅かに二回にして未だ委細を自...