石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第七節 製織
小松附近の製絹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年道興准后の回國雜記に、能美郡本折に機織あるを記したるを初とす。又天文の頃石川・
河北二郡にも多數の製絹業者ありしことは、之を第一編に述べたるが如く、慶長三年六月
三日前田利長が封内に於ける織物の尺度を定め、絹...
第五章 殖産製造 第七節 製織
絲の他所賣渡嚴禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を破るものあるを以て、關係諸吏特に注意する所あらざるべからずといへり。絲賣買に關
する法令は、何れも製絹業者を保護するの目的に外ならざるなり。小松絹方預手形能美郡
小松町上野專一郎氏藏小松絹方預手形
第五章 殖産製造 第七節 製織
其の後の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
得て延期し、翌年四月五日までに全部請出さゞるべからざる等の事を定めたり。嘉永四年
十二月小松町年寄は、絹業者の紀綱を振肅せんが爲規定を新たにしたりしが、その中に、
機織奉公人出代の際には先主より解雇を證明したる...