石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 殖産製造 第七節 製織
仲賣の取引規程
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保元年九月又小松町奉行より仲買の商取引に關する規程を定め、その絲・絹仲買業は共
に永代四十九人の株立とせり。覺一、糸・絹仲買共永代四十九人株商賣之事。一、糸・絹
問屋等より賣...
第五章 殖産製造 第七節 製織
小松附近の製絹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
後御召絹有レ之候刻支配仕迄に而無レ之、惣而絹道組頭中、絹道之儀會議も在レ之刻罷出
示談可レ承候事。一、絹仲・糸仲・絹荷持之分は支配可レ仕候。左候はゞ勤方善惡評定仕
、萬端及二裁許一、尤時々絹道與頭(クミガシラ...
第五章 殖産製造 第七節 製織
絲の他所賣渡嚴禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛政元年十月小松町奉行令す。近年絹仲・絲仲等の徒、商業上の貸借を精算せずして破産
を裝ふものあり。自今以後此の如き輩あらば、先づ家財を沒收...
第五章 殖産製造 第七節 製織
其の後の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
にて取扱ふことを得、その長さ二丈四尺五寸に及ぶ時は兩斷すべきこと等を定めたり。同
九年小松町年寄等糸・絹仲買株立の制を廢し、何人といへども出願許可を得て之を營むこ
とを得ベく、その口錢は當分從來の半額とすべき...