石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
初相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
正月四日、米商人初相場を立つ。
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
價益騰貴し、人心恟々たりしに、四月十二日夜衆民蝟集して忽ち暴動の形勢に變じ、戌刻
より子刻に及ぶ間に、米商人森下町釣部屋仁兵衞・茶屋三郎兵衞・尾張町淺野屋知左衞門
・新町茶屋三右衞門・下堤町角屋彌三右衞門・袋町...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
して、六年三月二十七日金澤に於ける米一石の相場銀二百三十五匁となり、遂に四月十二
日には暴民蜂起にて、米商人たる森下町の釣部屋仁兵衞・茶屋三郎兵衞・尾張町の淺野屋
知左衞門・新町の茶屋三右衞門・下堤町の角屋彌三...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・中町の笠屋彌兵衞・泥町の北市屋永助の店舖に小損害を加へ、曉七つ時に及びて逃走せ
り。是等の被害者は皆米商人とす。而も米價は尚奔騰し、この年十月金澤に於いて一升錢
百二十三文となり、八年二月には百七十二文の最高...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の財界恐慌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
破産したるもの七戸を出したりき。是等破産者の一なる天王寺屋彌七は、加賀藩の賣拂米
に對する代金を堂島の米商人より納付せしむる店舖にして、藩の爲替を取扱ふこと百五十
年の久しきに及びたりしものなり。是を以てその破...
第六章 經濟交通 第三節 市場
金澤の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
野屋次郎兵衞及び東力屋半兵衞は、同一の主旨を出願して又許可せられたり。この後常に
四ヶ所の集所ありて、米商人等日々隨意に之に赴き立會ひたりしが、かくの如く數ヶ所に
會合して相場を立つるの不便を感ずるに至りしを以...