石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
次いで安政三年以降米價連りに騰貴し、四年の秋に至りて益甚だしかりき。これ一は同三
年中諸士の困窮を救濟せんが爲、銀札一萬貫を...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
元祿の凶歉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
失ひて五穀登らざりしかば、農民は貢租を納るゝこと能はず、爲にその資財を賣りて之を
償ふものあるに至り、米價亦騰貴して衣食を得る能はざるもの甚だ多かりき。是より先綱
紀は、七月六日を以て江戸に往きしが、金澤に留...
第六章 經濟交通 第二節 物價
享保の米價變動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
物價に關する藩の記録は、享保以降に至りて稍之を見ることを得べし。即ち同五年に於い
ては、米價の騰貴最も甚だしく、七月二十日遂に一石銀二百三十目に達し、實に前古未曾
有のことなりと稱せられき。然る...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
過半を償却し得たりしが、その後藩侯の卒去相繼ぎ、國事極めて多端なりしと共に、一面
には寶暦二年の頃より米價下落して諸士窮乏を訴へしも、藩は之を救濟するの手段なかり
しを以て、五年七月初めて銀札を發行せり。この...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天明の米價暴騰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
々に横行す。三年秋又氣候不順にして作毛熟せず、秋雨亦多くして稻を乾かすに堪へず。
是を以て四年正月以降米價日々昂騰し、銀八十目より九十目に進み、五月より六月の間は
百二十目を支拂ふも之を賣るものなく、能美郡に...
第六章 經濟交通 第二節 物價
享和文化間の米價
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
享和より文化に至る間の金澤に於ける米價は益明瞭なり。享和元年七月五十二匁五分┃享
和元年十月五十五匁五分享和二年七月五十目五分┃享和二年十月...
第三章 加賀藩治恢弘期 第一節 三藩鼎立
米價低落と貸銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
士人がその釆地の農民より貢租を收むる能はざるは、彼等の最も病苦とする所なること勿
論なりといへども、米價の極端に廉直なるも同じくその生活を脅威する一原因たりき。是
を以てその豐穰なるに及びて重ねて困難を感じ...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
刀工保護の停止
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
米二十俵宛頂戴被二仰付一、其上入精之者共え者爲二御賞美一三人御扶持頂戴被二仰付一
、天明(明和カ)六年米價下直に付職方爲二御引立一、御細工所より右御米過分之銀子に
御引直し、御扶持方者前同樣(二人扶持カ)に耐...
第六章 經濟交通 第二節 物價
米價に伴ふ民心動搖
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金融及び物價に就いては、前編所々に之を記述せり。故に本節に於いては、物價標準とな
るべき米價の極めて著しき變動と、之に件ひて起りたる民心の動搖とに關して略記せんと
欲す。
第六章 經濟交通 第二節 物價
安永の富豪強迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明和より安永に至る間の米價は、概ね一石銀四十目より四十四五匁を上下せしが、安永五
年末より物價の騰貴を見、六年正月十六日金澤堀川...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保中の凶作は四年に初り、米價は同年十一月に一升錢百八文、五年正月に百十三文とな
り、五年・六年の收穫豐饒にして平價に復したりしが、...
第六章 經濟交通 第三節 市場
版籍奉還以後の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
變動に際會せり。この年夏、土用に入りし後天候順調を缺き、政情に關する流言蜚語連り
に行はれて人心胸々、米價之に伴ひて暴騰したりしが、偶六月下旬藩の執政は、朝廷版籍
の奉還を許可し給ひしを以て、今年半納期に於け...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
寺島藏人等の芟除
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
餘す所は十文にして副食物を購ふに足らず。飢ゑざらんと欲するも得べけんや。飜つて足
下の秩祿を見るに、今米價一石銀六十目と算すれば、一日の收人三百數十目に當る。而も
足下の爲す所の業績果して幾何なりやは自ら問う...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
參覲延期と復元御潤色
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
これに加ふるに連歳凶荒相繼ぎ、公私多事にして支出百端、下民を賑恤すること意の如く
ならず。况や前年以來米價甚だしく騰貴したるを以て余は之を救濟せんと欲し、且つその
施設の先後によりて得失亦鮮からざるべきを思ひ...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
現石支給法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ものは百石、三百石以下は三分の一を米穀にて給せられ、その他は支給の時期以前三ヶ月
に亙りて能登・越中の米價を平均したる代錢を以て交付することゝなれり。翌三年二月ま
たこの祿制に就きて多少の改竄する所あり。その...
第六章 大聖寺藩治一斑
利昌の逸話
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
蓄積し、數年を經て金百三四十兩に達したりしに、利昌はその成功將に近きにあらんとす
るを喜べり。然るに偶米價低廉にして諸士大に困窮するに會したりしかば、利昌は直にこ
れを散じて彼等に頒たしめき。是を以て諸士皆そ...
第一章 制度法規 第二節 祿制
扶持米 切米 下行米 扶持方 合力米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
詰人、又は領國内を巡廻する者に支給せらるゝ出張手當を指すものあり。この扶持方の現
米高は、之を該地方の米價に換算し、銀子を以て與へらる。その他臣屬に非ざるものを優
遇する爲に、合力米を給することあり。合力米の...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
半納
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
て勝手方と稱せらるゝ米仲買人は、來りて祝詞を述べ、若干の拂米切手賣渡を懇願す。こ
れ半納期に在りては、米價常に下直なるが故に、仲買人は之を買入れて本納以後に賣出し
、以てその差額を利せんとするなり。是を以て、...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
享保の歩苅法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
へるもの、以てその沿革を明らかにすべし。享保の算法は即ち次の如く、口米は定納一石
に付き一斗一升二合、米價は一石銀三十目にして定納一石の夫銀一匁四分に付き米四升六
合六勺六才の割合を以て算出せり。覺一、二升四...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化五年、前年の凶作により貯穀大に缺乏したりしが、特に小松に於いては米價騰貴して
小賣一升錢八十三文となれり。是に於いて町民等、騰貴の原因を奸商の買占に因るとなし
大に激昻した...