石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
綱紀の歸國と救濟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
月番年寄前田孝貞を召し、藩吏が救恤の法を謬りたる爲、領民中餓死するものあるに至ら
しめし失政を譴責し、算用場奉行和田小右衞門・小寺平在衞門二人に閉門を命じたりき。
蓋し小右衞門と平左衞門とは、曾て屢窮民救濟の必要な...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
加賀藩の若杉窯保護
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
が、文化十年年寄村井長世その主任となり、十一年に罷め、文政元年再び就職し、四年そ
の免ぜらるゝに及びて算用場奉行の兼務に歸せり。若杉窯は實にこの産物方の保護を得た
るものにして、文政二年の達書にこの事に關するものあ...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
藏人一派の年寄攻撃
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
三人に命じて致仕を講はしめ、又之と前後して組頭笠間九兵衞定懋・杉野善三郎盟、宗門
奉行太田小又助盛一、算用場奉行神田吉左衞門保益等陸續その職を免ぜられき。而して藏
人は屏居中復時事に容喙するを得ざりしといへども、尚...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
水原保延
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
組に編せられ、文政七年明倫堂讀師となり、弘化三年馬廻組頭に進み、金澤町奉行を兼ね
、四年町奉行を罷めて算用場奉行に轉じ、年寄長連弘の改革に從ひし時、保延また之を輔
けて財政整理の任に當りしが、安政元年黒羽織黨の失脚...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
帳簿目録と其の序文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
奢侈を戒めて骨董器玩に耽溺すべからずといふの類、處世の細故に亙りて眞に至れり盡く
せるの感ありしかば、算用場奉行の之を見るもの感嘆に堪へざりしといへり。今現に存す
る五兵衞が帳簿中の一なる年々留にも、亦この種の端書...
第三章 學事宗教 第八節 科學
遠藤高璟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
り、天保元年金澤町奉行に轉じ、同年分間繪圖の功を終へ、六年加越能三州地圖作製の事
を終り、七年馬廻頭兼算用場奉行となり、弘化二年定番頭に准ぜらる。四年高璟定番頭に
陞り、尚算用場奉行を兼ねしが、六年古稀の齡に達した...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
御鷹野新開
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御鷹野に屬する地、又は冬季水禽の群遊する泓等を開拓せんと出願するものあるときは、
改作奉行は算用場奉行に上申し、算用場奉行は更に若年寄に對し、藩侯遊獵の妨害となる
なきやを質し、然る後その許否を指令す。
第五章 殖産製造 第四節 林業
山林の管理
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
山林の管理は、藩の御算用場奉行之を總理し、郡奉行之に次ぎ、山奉行又之に次ぎ、その
下に山廻あり。林政には、十村及び新田裁許の如き普通...
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山の埋沒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の採掘せられしを、天正十二年よりこゝに至るまで四十五ヶ年に過ぎずとするものあり。
然りといへども左記御算用場奉行稻葉左近の文書に、同金山に關する古來の法度を集録し
て下附したるものあるを見れば、寛永七年に於いて鑛鋪...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
益閑散にして職を失ふ者多かりしを以て、越中礪波・射水の郡奉行高田彌八郎はその救濟
を藩に禀請せしが、御算用場奉行との議合はずして職を罷められ、金澤の町奉行岡田太郎
兵衞も同じく意見を述べしも、亦御算用場奉行の反對す...
第一章 領主及び領土
土方領・鳥居領・水野領
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
至る。延寳三年秋土方氏及び前田氏の領民互に境界に關して爭ふ。因りて加賀藩の公事場
奉行菊池十六郎以下、算用場奉行・改作奉行・郡奉行等境界を正し、改めて土壘を築くこ
と一千餘、その壹所に銀四匁を費せり。土方氏乃ち太宰...
第一章 領主及び領土
幕府領を加賀藩に寄田とす
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、常に代官に交渉せざるべからざる如き事情に在りしを以てなり。この後加賀藩は、御預
地方御用の職を置き、算用場奉行の兼務たらしめてその庶政を遂行せり。享保七年六月二
十八日老中水野和泉守(忠之)殿御宅え、開番御招に付...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
改作法の目的
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
凶に拘らず一定の收納を得べきが故に、假令釆地に屬する農民たりとも直接に之を督促す
ることを得ざらしめ、算用場奉行・改作奉行等の吏をして監視の任に當らしめき。是に於
いて農民は誅求拷掠の苦楚を免れ、士人は收納を確實な...
第三章 加賀藩治恢弘期 第四節 極盛極治
巳年の大借銀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之を請はしめき。尋いで三月十九日別所三平・岡田隼人の二人を借銀奉行たらしめてその
事務を鞅掌せしめ、又算用場奉行に命じて、内帑の資を賃銀の一部に當て、その足らざる
所は封内及び京師に於いて借入れしめ、後之を諸士に貸...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
窮民の匡救
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
る飢民の數を調査せしめき。次いで翌十年綱紀は、郊外なる野田村に幅十一間長二百四十
間の竹圍を設けしめ、算用場奉行一人・町奉行一人は晝夜交代して臨み、小將横目・徒横
目・郡奉行等これに副ひ、金澤町年寄・肝煎及び封内十...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
事務員及び收容者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この非人小屋の主任吏は算用場奉行及び町奉行にして、非人小屋裁許と稱する與力數人實
務を掌り、本道及び外科の醫師を置き、足輕・小者等數十...
第四章 加賀藩治停頓期 第一節 大槻騷動
青地禮幹の本多政昌に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
さへも、彼者の手より出候へば、御番人ども内藏允仕事は格別の儀とて往來爲レ仕候族(
ヤカラ)に罷成候。御算用場奉行共さへも右之趣に候へば、御門番人等は咎るに足らず候
。此等の趣を以其餘は御推察可レ被レ遊候。以上。十月...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
政行・前田駿河守孝昌・長九郎左衞門善連・村井豐後守長堅・横山大膳隆達・奧村主水隆
振等なりしが、初め御算用場奉行前田源五左衞門直養の銀札發行を建議せし時、政行・孝
昌は不可とせしも善連以下皆之に賛したるを以て、遂に...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
天明の凶作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
季に諸拂を爲すこと能はざりしかば、御勝手主付村井又兵衞長穹及び前田土佐守直方は引
責指扣を命ぜられ、御算用場奉行藤田兵部安貞等も亦指扣を命ぜられたり。この年氣候不
順にして凶作全國に亙りしかば、十一月御用番前田大炊...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
重教の監國
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
候。〔槻尾甚太夫手集〕○孫(堀)左衞門と云ふは、幼年の頃太梁院(治脩)樣御側に勤
め、其後御馬廻頭・御算用場奉行をも勤めたる人に而、此人咄しに、兩君共(重教・治脩
)に御的遊ばしたる時、如何せしか泰雲院(重教)樣の...