石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
稻 宣義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
稻宣義、本姓は稻生氏。字は彰信、若水又は白雪道人と號す。江都の人。元祿六年前田綱
紀に召さる。その學淵識精微...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
科學には、石黒信由・五十嵐篤好の測量・製圖、西村篤行・遠藤高璟の天文・暦術、瀧川
有乂・關口開の數學、稻宣義の博物學、黒川良安・津田淳三の蘭醫學等、たとひ彼等の中
には生を加・能二州以外に稟けたるものあるも、加...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
したるも、其の次子永三代りて祿せられ、平岩仙桂・澤田宗堅・中泉恭砧・五十川剛伯・
羽黒成實・小瀬助信・稻宣義・伊藤由貞・兒島景范・小瀬良正・木下廣孝等の諸儒、相次
いで褐を繹くあり。特に木下順庵の寛文四年を以て...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
綱紀の著述
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
和訓解を、中原祐信等をして萬姓統譜明人續纂を、中原職資をして續紹選録を、菅眞靜を
して源氏物語訓解を、稻宣義をして庶物類纂を輯録せしむ。その學術に裨益するもの豈鮮
少ならんや。
第三章 學事宗教 第八節 科學
博物學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に異彩とすべきなり。この際本草・物産・名物の學を以て加賀藩の用を爲したるもの、前
に向井元升あり、後に稻宣義あり。特に宣義は綱紀の與へたる資材によりて研究を專らに
することを得、綱紀は宣義の學殖によりて智識慾を...
第三章 學事宗教 第八節 科學
稻宣義
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
稻彰信、一諱は宣義、通稱は正助、若水又は白雲道人と號し、後若水を以て通稱とす。本
姓稻生氏。宣義に至つ...
第三章 學事宗教 第八節 科學
前田齊廣の蘭法鼓吹
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
長淑・藤井方亭二人の蘭書飜譯の業を助けんが爲、特に廩米を増賜して後顧の憂を除きた
る如きは、往時綱紀が稻宣義の研究費を提供したると共に、一大美擧として稱揚せざるべ
からざるなり。