石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
藩廳設置と給祿改定
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に至るまでを士族と稱し、足輕以下を卒族とし、同日金澤藩職制を定め、尋いで藩政に關
する諸改革の要目及び租税・物産・戸口・公廨の經費等を記して之を政府に致せり。參事
中え今般大御變革に付、我等自俸舊祿十分一被二...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
先鋒總督金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、忠孝義烈之族は精々穿鑿、前條同樣可二取計一事。此儀急速取調之上可レ奉二指上一候
。一、徳川領預之箇所租税此迄未納・皆納、並錢金穀共精細取約、早速本陣え可二申出一
事。但國内徳川代官支配地同斷之事。此儀急速取...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
村吏の制改定その他
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
同月民政寮・會計寮の事務を渾一分類して新たに民政所・會計所を置き、之を郡治・市治
・營修・堤防・開業・租税・通商・會計等の諸係に別ちしが、更に閏十月に至り民政・會
計二所の別を止め、藩廳直轄として聽訟・土木・...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
利常の平和的施設
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
武器・馬匹・屬隸の一定數を常備せしむることゝし、十二月には新たに荒蕪を開墾してそ
の地に移住するものゝ租税を免除するの法を定めたりき。この年又宮腰往來の直線道路を
開きて、城市と海港との連絡を利便ならしめ、人...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
市區の擴大
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の金澤に入りし時、舊と越中に在りし多數の臣僚從ひ移りしかば、城下殷昌を加へ、市制
漸く整ひ、尾山八町の租税を本役銀とするに對し、袋町・博勞町・今町・河原町・大工町
・竪町・石浦町を半役銀とし、その外に地子町及...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
能登幕府領の合併及び英佛艦碇泊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に服せずして海防の施設意の如くならざるもの多し。是を以て敢へて請ふ、自今悉くその
民籍を我に附し、その租税は之を金銀に代へて藩より幕府に致さんと。是の月九日幕府乃
ち令してこれを允せり。牛追善塔在鹿島郡妙觀院...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
廢藩置縣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
罷め、縣治一定の規則成るに至るまで大參事以下暫く舊に依りて庶務を執り、特に重大の
事は朝裁を待つべく、租税も亦因襲の久しき一時に改むるの不可なるものあるを以て、本
年は尚舊慣に從はしめんと告げ給ひき。慶寧乃ち...