石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
八朔 名月 彼岸 孔子祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
八月朔日を八朔と稱し、田實の成熟を祀する日なれども、特殊の行事なし。この日羽咋郡
富木に祭禮あり。十一日鳳至郡宇出津に祭禮あり。十五日は名月なれども著しき行事なく
、稀に尾花を瓶に挿み、團子を三...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
祭禮と法會 花見 切米支給 越後獅子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
三月十三日には能登七尾の祭禮あり。十五日には所々に八幡祭あり、十三日より二十二日
に至る間には、城下寺町なる日蓮宗寺院に千部法會あ...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
祭禮法會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六月七日より十五日に至る間、諸寺に祇園祭を執行す。十五日石川郡宮腰に祭禮あり。同
日城下金屋町長久寺に妙見祭あり。十八日大乘寺より五香湯を施藥す。二十四日石川郡大
野に祭禮あり...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
觀音院の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
詣で、三日・四日兩日に亙りて神事能を興行せしめたりき。然るに十一月が好季節にあら
ざるを以て、翌年以降祭禮を四月朔日・二日に定むといふ。以上卯辰觀音院由來書等に據
りて之を記す。三州奇談に載する所之と趣を異に...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
嶺上神祠造營の勅許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
〔白山比咩神社文書〕○賀州白山禪頂・同權現七社惣長吏職之事、如二先規一澄清可二存
知一。然ば有來神事・祭禮勤行等、造營勸二都鄙奉加一、勵二再興功一可レ爲二神妙一旨
天氣所レ候也。仍執達如レ件。慶長十九年八月廿...
第六章 大聖寺藩治一斑
利明の爲人
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
。同八年二月下旬江筋普請初り、八月廿三日成就、矢田野へ水下る。于レ今八月廿三日矢
田野鎭守勅使領寳江山祭禮有、慈光院(大聖寺)罷越相勤。同日夜中村の宮にて角力躍の
節御紋付灯燈を燈事於レ于レ今昔の通也。○普請...
第二章 儀式慣習 第一節 典禮
四月十六日
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
四月十六日、城内東照宮に於いて祭禮を執行せらるゝを以て、家中・町方の男女共に參拜
を許さる。留守居組付與力及び歩横目等警戒の任に就き、社...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
猿丸祭 灌佛 舟游山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
四月二日、郊外笠舞村猿丸宮に祭禮あり。丑の時詣はこの宮に行はれ、老杉に釘痕の斑々
たるを見る。八日、一向宗以外の寺院に灌佛會を行ふ。灌...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
物吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御加増御目見御轉役御門開御新宅御養子御婚禮御前髮御角入御男子御誕生御袴着同斷勸進
年頭五節句盆暮兩度御祭禮氷室朔日八朔町家等御扶持方家賣買新宅附土藏縁組法事役祀鑑
板祀男子誕生前髮角入養子婚禮袴着隠居讓り替愼...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
金澤の芝居再興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の俳優は、初め皆他國より入り來りしが、幾くもなく目むき仙藏・泣與三助以下多くの地
方俳優を生じ、諸社の祭禮にも常に祭芝居の行はるゝものあるに至れり。しかも是等興行
地の許可せられたるは寺社又は郡地のみなりしが...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
盆正月
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
なるべし。盆正月を行ふときは城下の工商皆業を休み、作り物を構へ獅子・祇園囃・俄等
の催物を行ふこと、尚祭禮に於けるが如くにして、而も全市同時にこれに參加するを異な
りとす。盆正月は前田綱紀時代に初りたる如く、...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
藪入閻魔祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この日を重しとせす。天徳院内には閻魔祭を行ふを以て、薄暮より諸人參詣す。次いで二
十四日に鳳至郡輪島の祭禮あり、城下養智院に地藏祭あり。
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
重陽 下馬の踊 七 面 祭 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
兒菊打と稱する遊戲を試むるものあり。九日より綿入を着用す。十日乾貞寺に秋葉祭あり
。十四日石川郡本吉に祭禮あり。この頃より茸狩を爲すもの多し。十八日より當月中、天
徳院門前にて男女編笠を被りて踊る。之を下馬の...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
眞言宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
のゝ如し。後利常の時、寛永二年に至りてその制法式目を定めらる。石動山天平寺制法式
目一、修二崇神社一、祭禮勤行等不レ可レ有二怠慢一事。一、禁中御卷數抽二精誠一、毎
年可レ被二奉納一之事。一、堂塔及二大破一所、...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
鬼屋のぞんべら祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
産土神の祭禮に於いても、亦一般に五穀豐饒を祈念すること勿論なりといへども、鳳至郡
鬼屋の春季祭の如きは、特に奇習な...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
門前の御當祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
鳳至郡門前なる少彦名社即ち今の櫛比神社に在りても、亦五穀豐饒を祈念する爲に特殊の
祭禮を執行す。御當祭といふもの是にして、その産子たる走出・清水二部落より代る々々
御當番を定め、その御當番...