石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
論地境界の裁決
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
一。次に内山境外之地面は、兩村開畑有レ之といへども、去享保未年出入之節、牛首・風
嵐兩村は前々爲二白山社領一之由申レ之、兩村之者口書出レ之。今時雖レ離二社領一、村
附之山林たる證跡於レ無レ之者、山林之地元は可...
第三章 加賀藩治恢弘期 第二節 前田利常の監國
小松城内外の美觀と梯天滿宮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
人被二召寄一、御移徒に連歌百韵相濟。則能順沙門之被二召置一、別當に被二仰付一、掛
(梯)橋村にて百石の社領を付、月次の連歌領に三十石被二宛行一、御家の祖神なれば御
子孫榮久の捧札を千岳和尚に被二仰付一。〔三壺...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
先鋒總督金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
敢一御請奉二申上一候。一、家領高並新開地面・戸數・水帳・地固等取調之上太政官え可
二差出一事。但領内寺社領同斷。此儀急速取調之上可レ奉二差上一候。一、領内無告之窮
民並忠孝義烈之士女精々穿鑿、前條同樣可二取計...
第一章 制度法規 第四節 租税
能美郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
萬七千五百八十六石六斗二升七合明治元年分給人知高八千七石八斗一升四合此定納口米八
十二石二斗二升二合寺社領高四十一石一斗四升四合此定納口米百五石十村等御扶持高五十
八石九斗三升六合此定納口米殘八萬八千五百六十...
第一章 制度法規 第四節 租税
河北郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
千六百三十六石一斗四合明治元年分給人知高二萬九千十七石七斗二升五合此定納口米三萬
十九石六斗六升三合寺社領高百六十七石八斗六升七合此定納口米八十三石十村等御扶持高
五十二石七升五合此定納口米殘三萬七千三百一石...
第一章 制度法規 第四節 租税
羽咋鹿島二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
一石四斗一升四合明治元年分給人知高六萬四千七百二十六石八斗八升二合此定納口米七百
五十石六斗四升三合寺社領高三百九十三石四斗二升八合此定納口米百六石五斗十村等御扶
持高六十一石八斗八升三合此定納口米殘四萬三千...
第一章 制度法規 第四節 租税
鳳至珠洲二郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
口米内一萬二百八十三石三斗九升一合明治元年分給人知高六千六百二十五石四斗一升七合
此定納口米五百五石寺社領高三百一石三斗九升六合此定納口米百石十村等御扶持高六十五
石一斗三升五合此定納口米殘八萬五千六百一石九...
第一章 制度法規 第四節 租税
礪波郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十六石八斗二升五合五勺明治元年分給人知高十萬二千六百五十三石二斗八升六合此定納口
米四百四十三石三斗寺社領高二百九十一石七斗三升八合此定納口米二百四十四石三斗六升
七合十村等御扶持高百三十七石六斗四升此定納口...
第一章 制度法規 第四節 租税
射水郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石三斗二升五合明治元年分給人知高六萬九千六百五十一石七斗二升七合此定納口米四百四
十四石二斗九升七合寺社領高二百四十一石四斗六升二合此定納口米百三十七石五斗御扶持
高七十四石七斗七升七合此定納口米殘三萬八千百...
第一章 制度法規 第四節 租税
新川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石二斗四升九合明治元年分給人知高五萬五千九百二十七石一斗一升五合此定納口米二百八
十四石二斗二升二合寺社領高百五十二石五斗六升六合此定納口米百二十石御扶持高六十二
石九斗九升四合此定納口米殘十萬三千三百八十五...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
眞言宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
く成就するに至れり。その後山内七十二坊中十四坊は退轉したるも、尚儼然として一方の
重鎭たる形勢を有し、社領百五十石の外、能登・越中二國より軒別に初穗米を徴收し得べ
き特權を與へられ、以て明治二年之を禁止せられ...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宮供米百貳拾石社僧東叡山常照院兼帶に付安住寺出雲寺最勝寺下裁許を勤む梯天神社僧梅
林院能美郡梯村拜領地社領百石觸頭西養寺金澤卯辰拜領地西養寺觸下安住寺金澤泉野寺町
拜領地藥王寺金澤泉野寺町拜領地翠雲寺金澤泉野...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
假高
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
假高とは、假に草高を設定したるものをいふ。例へば、五十石免六ッの地を、免四ッとし
て寺社領に寄進したるとき、その殘餘を五十石免二ッの地あるが如く計算するもの即ち是
なり。又百石免三ッの地ありて...
第五章 殖産製造 第三節 農業(下)
組高帳
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
等ありたるものを記し、差引の結果現在收納すべき額幾何なるかを明らかにし、給人附帳
は、惣收納高に付き寺社領・給人知高として與へたるものと、藩の代官をして收納せしむ
べき御藏入高とを記し、知行割及び代官割を爲す...