石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
富田景周
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
下不二共戴一レ天之讐乎栴檀野上耳。所レ謂好則人也。怒則獸也。獸不レ可レ以レ義。意
富樫政親爲二狡釋一。社稷絶二血食一。國爲レ墟。豈以二匹夫勇一辜レ之哉。藉令堅レ壁
不レ出。易レ子而食。折レ骸以爨保レ之。無二輔...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
前田綱紀
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
・梅墩等は皆その別號なり。天骨秀朗、經世濟民の業に勵精し、朝儀を興し律令を定め、
併せて文教を嗜好し、社稷の計を爲すの暇、墳典を渉獵してその奧頤を剔挾し、藻を擒り
翰を馳せ、之に加ふるに該博を好みて天下の奇書...
第三章 學事宗教 第三節 漢學(下)
井上盛亮
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ることあり。尤も律體に長ぜしが、年三十にして歿す。蜀將鼎峙英名從レ是存。大星難レ
奈落二轅門一。空憂二社稷一中興計。不レ負草廬三顧恩。兵略由來凌二管樂一。忠誠舊自
蓋二乾坤一。于レ今墜レ涙出師表。秋色堪レ哀五...