石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第一章 制度法規 第三節 司法
庶民の連座法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
常施治の中頃よりは未だ曾て死刑者の男子を助命せしめし例を見ず。萬治二年、放火その
他の大罪を犯したる爲磔刑の宣告を與へらるゝ者の男子は、假令他家に養はるゝも凡べて
同罪を以て論ずるを通則とし、磔刑に當るも罪状...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
嫌疑者とその處分
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
五兵衞・要藏二人之を採用せしなりと。故に五兵衞と要藏とを主謀となし、孫兵衞を教唆
者として並びにこれを磔刑に當て、且つ市兵衞は錢屋の手代にしてその倉庫を主管する者
なるが、要藏等の密旨を受けて許多の石灰を提供...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に陷り、關係する所亦頗る廣汎に及べり。これを以て審理遷延して朞年を超え、終に嘉永
六年十二月六日要藏を磔刑、市兵衞を梟首に定めて、五兵衞と孫兵衞とは已に獄死したる
を以てその屍を醢にし事件の落著を待ちたりしが...
第一章 制度法規 第三節 司法
死後に於ける死刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
すべきもの、當日拂曉牢獄に於いて縊死せしを以て、その死屍の首を打ちたる如き是なり
。然るに享保五年五月磔刑に處すべきものゝ縊死せる際、死屍を處刑すべきや否やを藩侯
に伺ひしに、然るを要せずとの指令を得、後この...
第四章 加賀藩治停頓期 第四節 教諭政治
刑法改正
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
次に齊廣の試みたるは刑法の改正にして、文政五年十一月四日磔刑に當る者の子を連坐せ
しめて斬に處するの律を除きしことなりとす。蓋し無辜を刑するの憐むべきは、夙く先侯...
第一章 制度法規 第三節 司法
釜煎
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
冶吉兵衞の弟六藏と密通し、夫彌右衞門を殺害す。是を以て二人共に泉野に於いて釜煎の
刑に處せられ、後更に磔刑を加ふといへり。この釜は、金澤の惣鑄物師に命じ、新たに工
場を構へて鑄造せしめたるものにして、側面に念...
第一章 制度法規 第三節 司法
僧侶の刑
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
大なるときは、死に當てらるゝことあり。天和元年五月廿五日、金澤泉野寺町日蓮宗某寺
の住持が、女犯の爲に磔刑に處せられし如きは是なり。同じく女犯なるも、特に大伽藍た
るを以て重刑を免ぜしことあり。文化十二年寶圓...
第二章 加賀藩治創始期 第六節 基督教の傳播
加賀に仕へたる後の南坊
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
き態度は、決して一身の安全を期待すべき所以にあらず。慶長元年十二月秀吉の長崎に於
いて西班牙の宣教師を磔刑に處するや、南坊は己も亦迫害を受くること遠からずとなし、
豫め伏見に赴きて利家に暇を告げ、多年の恩遇を...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
火災に關する記録
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
衞家より出火、家數九百軒計燒失。後石坂町矢作屋長右衞門の焚火によること判明し、長
右衞門は泉野に於いて磔刑に處せらる。同年三月十七日辰刻、堀宗叔家より出火之處、大
樋まで燒通り、十八日鎭火。家數六千六百三十九...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
賣女と頼母子
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
きちの外多數の婦人を賣女として嫖客に接せしめしかば、吏之を知りて風呂屋及び痘痕媽
の一族を泉野に於いて磔刑に處したりき。是より後寛永五年八月廿三日附の金澤町中定書
には、『一、於二町中一傾城並出合屋堅く御停止...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
河北潟流毒事件の眞相
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
毒せる事實との間に因果の關係を求めんと欲し、要藏が服罪せざりしに拘らず、不屆至極
の徒者なりと斷定して磔刑を宣告し、要藏等も亦自ら投ぜしめたる石灰若しくは油類がこ
の恐るべき結果を生じたるにあらざるやを思ひ、...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
致富の源因
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
あり得んや。然るに世人これを察せず、濫に五兵衞を以て開國の首唱海外貿易の先驅たり
しと斷じ、隨つて彼が磔刑の宣告を得たるも、亦藩が幕末因循の弊制を固守したるに由る
とするは、史實を穿鑿せざるに因る説なりといふ...
第一章 制度法規 第三節 司法
鋸引
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
歳なるもの、脇刺を以て主人の妻を殺しゝ罪により、能美郡今江の松原に於いて竹鋸を以
て引殺し、その死屍を磔刑にすといへるもの即ち是なり。
第一章 制度法規 第三節 司法
火炙
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年鐵炮組の者、常にその繼子を逆待し、後之を殺害したる時にも亦科したることあり。寛
文以降火炙の刑止み、磔刑を以てこれに代へたり。
第一章 制度法規 第三節 司法
磔 引廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
者、他人の妻と共に出奔したる僧侶等に科せられ、殊に放火犯及び殺人強盜犯に在りては
、市街を引廻したる後磔刑に處するを例とせり。引廻とは、罪人を公衆に示して普く懲戒
するの法にして、通常刑の執行前三日間に亙り各...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の小松暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
したりしも、他に共謀者ありしことを言はず。是を以て翌六年五月二十七日藩吏は、今江
村端に於いて庄次郎を磔刑に處せしに、邑民彼が獨衆人の罪を負ひたるを憐み、毎夜刑場
に香華を供へたりといふ。細工町の沖屋庄兵衞も...