石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の財界恐慌
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、資産の薄弱なりと認めらるる兩替店に對し、その發行したる手形を齎して正銀の交付を
求むるもの多く、爲に破産したるもの七戸を出したりき。是等破産者の一なる天王寺屋彌
七は、加賀藩の賣拂米に對する代金を堂島の米商...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
妙義芝居
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
してこゝに出入する能はざらしめしかば、演劇も亦隨つて行はれざることゝなり、興行主
綿津屋政右衞門は全く破産の悲境に沈淪せり。
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
其七
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の機業家茶屋九兵衞・茶屋九左衞門の如きは、共に錢屋より十萬兩の融通を得て營業した
りしが、疑獄の後忽ち破産し、又越中福光の前田屋は、錢屋より三十萬兩を前借して城端
・井波等の産絹を一手に買收し居たりしが、錢屋...
第五章 殖産製造 第七節 製織
絲の他所賣渡嚴禁
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
寛政元年十月小松町奉行令す。近年絹仲・絲仲等の徒、商業上の貸借を精算せずして破産
を裝ふものあり。自今以後此の如き輩あらば、先づ家財を沒收して負債を補ひ、足らざる
ものは請人をして辨ぜ...
第六章 經濟交通 第三節 市場
版籍奉還以後の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を以てし、之によりて可及的負債を辨償せしめんとせり。然るにこの命令を遵奉するもの
なく、爲に頻々として破産の仲買を生ずるに至りたりき。而して彼等の營業を繼續するも
のも、亦給人の拂米減少して取引を行ふこと能は...