石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第八節 科學
石黒信由 五十嵐篤好
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石黒信由、通稱藤右衞門、越中射水郡高木村の人なり。信由關流算法の秘奧に通じ、特に
宮井安泰に學んで測量を能くす...
第三章 學事宗教 第八節 科學
石黒信由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石黒信由、通稱藤右衞門、越中射水郡高木村の人。算法を富山の中田文藏高寛に受く。信
由の著す所、算學鉤致・渡海標...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
實に加賀の俳壇を雲烟過眼視すべからず。吾人も亦この意味に於いて研究上幾分の努力を
加へたり。科學には、石黒信由・五十嵐篤好の測量・製圖、西村篤行・遠藤高璟の天文・
暦術、瀧川有乂・關口開の數學、稻宣義の博物學、黒...
第三章 學事宗教 第八節 科學
天文暦法及び測量
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
門家の暦官西村僊介遠里に學び、又山崎流測遠術に通ず。その測遠術は以守之を宮井安泰
に傳へ、安泰は越中の石黒信由に傳ふ。信由は文政・天保の交遠藤高環を輔け、加越能三
州の地圖を大成せしを以て最も名を著しゝ人なり。遠...
第三章 學事宗教 第八節 科學
遠藤高璟
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に歸りて作事奉行となり、十四年普請奉行に轉じ、文政元年表小將横目となり、二年以降
前田齊廣の命を受けて石黒信由の加越能三州地圖作製を監し、三年表小將番頭となり、五
年御側物頭に進み、西村篤行等を督して金澤分間繪圖...
第三章 學事宗教 第八節 科學
寫法新術
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
補工夫を加へて製造す。』といへば、高璟は算學の大家にして三ヶ國地圖作製の任に當り
し高木村藤右衞門帥ち石黒信由と關係ありたるが如く、又『右測法・算法・圖法、文政壬
午の年より金澤測量以來西村太冲理會し用ひ來し諸術...
第三章 學事宗教 第八節 科學
近藤信行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
家を襲ぎ、祿百八十石を受く。信行公務の傍ら算法を中野續從に受け、續從の後を受けて
明倫堂の師範となり、石黒信由著算學鉤致下卷の解・轉寫之解・約術解・算題三十好再解
・關孝和編算法飜變の解等を著し、明治六年十一月十...