石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤三社拜領地顯正寺金澤卯辰拜領地感應寺金澤卯辰拜領地最勝寺金澤卯辰拜領地乘龍寺
金澤卯辰地子地出雲寺石川郡廣岡村寄進地道入寺石川郡宮腰地子地西照寺河北郡横山村拜
領地高勝寺珠洲郡三崎寺家村拜領地寺領七十五石...
第三章 學事宗教 第八節 科學
有乂の後系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屬して出納の事務に任じたる御算用者多く、城内勤仕の御坊主中にも門下より出でゝ立身
したるもの尠からず。石川郡大野の人に喜多勇松あり。その師承を詳かにせずといへども
瀧川系なるが如く、文久二年喜多川五郎右衞門孟...
復刊のことば
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川県史全五編は、県嘱託日置謙氏の多年にわたる研究調査と努力によって編集完成され
たもので、地方史の範たる...
再刊の辭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川縣史第三編修正の印刷既に成り、今こゝに之を頒布せしむるに至れり。想ふに方今國
家多事、上下全力を傾倒し...
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
府縣中、その若干は既に府縣史編纂の功を竣り、若干は現に進捗の半途に屬し、若干は未
だ着手せず。是を以て石川縣が、曩に縣史兩卷の印刷頒布を遂行し得たるものは、之を他
の同級自治體に比し、敢へて先鞭を着けたりとは...
緒言
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
南北の屏蔽を成したるもの、豈封建制の一大壯觀ならずや。但し吾人のこゝに前田氏を推
稱したる所以は、吾人石川縣民たるものゝ祖先が多年至治の恩賚を蒙り、平和の生活を繰
返し得たるを感謝する爲にはあらずして、單に前...
第一章 制度法規 第二節 祿制
一村内租率の種々なる例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川郡(部)不入道村之事一ヶ村草高一、六百九十六石九斗六升内六百五十石七斗三升長
九郎左衞門免五ッ八厘十九...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
森田平次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
御官位補任之記松風要抄茨木譜備考澄源君年譜寛量君年譜寛性君年譜藻鹽艸落葉の露陽廣
公遺事置縣の後、平次石川縣に屬官たり。時に舊幕府領白山々麓十八ヶ村の所屬に就いて
疑義あり、福井・石川二縣共に吏を派して之を檢...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
中濱鶴汀 岡田靜山 狩谷芳齋 榊原拙處 小池池旭 徳田寛所 池田九華 岸井靜齋 村山翠屋 蕪城秋雪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蘭所・三癡・一翁・逸翁・梅下書屋等の號あり。書畫並びに之を能くし、明治八年歿す、
年八十五。小池池旭は石川郡福留の人、初め紫雪と號す。又梅蔭女史ともいへり。江戸に
出でゝ大沼枕山の義妹となり、畫を以て諸國を遊...
第五章 殖産製造 第二節 農業(中)
手代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
配たること番代に同じく、之を場付と稱するは御算用場内なる御郡所に附屬するものたる
が故なり。場付手代の石川・河北二郡に屬するものは、御扶持人十村以下平十村に至るま
で皆各一人を出し、某村何某手代と稱してその組...
第五章 殖産製造 第四節 林業
七木の制
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
れを産するに至りたるは、前田利常が山城の八幡より移植したるによると傳へられ、之が
伐採を制限したる結果石川郡八幡・三ノ宮等に大竹林を生じたること、『八幡三ノ宮の竹
切る時は一里音する二里響く』と謠はれたりしを...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五年・六年の收穫豐饒にして平價に復したりしが、七年には又不作にして騰貴せしかば、
七月晦日夜五つ半時、石川郡本吉領字高濱の松林中に聚合したる群集は、直に本吉なる濱
町の米穀小賣商新村屋仕右衞門の家に亂入し、正...
第六章 經濟交通 第二節 物價
安政の貧民叫喚
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
中屋宇兵衞・原屋善兵衞及び春日町の日稼北市屋市右衞門を捕へ、六年四月十三日之を刎
首の上梟刑に處せり。石川郡鶴來に於いても、亦五年七月十五日暴民蜂起して富商の邸宅
を毀ちしものあり。その主謀者は、翌年九月に至...
第一章 制度法規 第四節 租税
石川郡の租入
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川郡一、十八萬千五百六十四石一斗御印高並新田本田直り手上高共一、三千四百五十七
石五斗三升三合奉行所新開...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
猿丸祭 灌佛 舟游山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
甘茶の煎汁を以て墨を磨り字を習ふときは、手蹟上達すべしと信ぜられ、兒童の之を乞ひ
受くるもの多し。同日石川郡北安田村行善寺に麻耶夫人像の開帳あり。この日より城下卯
辰なる日蓮宗寺院に千部法會を行ひ、次いで大海...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
祭禮法會
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六月七日より十五日に至る間、諸寺に祇園祭を執行す。十五日石川郡宮腰に祭禮あり。同
日城下金屋町長久寺に妙見祭あり。十八日大乘寺より五香湯を施藥す。二十四日石川郡大...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
八朔 名月 彼岸 孔子祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に挿み、團子を三方に盛りて月前に供するものあるのみ。莢豆を鹽茹にして食することは
一般に行はる。この日石川郡松任に祭禮あり、又所々に八幡祭あり。十六・十七日を石川
郡粟ヶ崎の祭禮とし、二十一日を同郡鶴來の祭禮...
第三章 學事宗教 第一節 學校
集義堂
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
。學校の位置は西町の内今の警察署の在る所に當り、寛政六年醫師梁田養元・小林笠坊・
橋本了迪・洲崎侗庵・石川春庵等、町奉行有賀清右衞門と謀り、藩の許可を得て設立した
るより起る。然るに彼等は元より刀圭を業とする...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
千代は石川郡松任の人にして、元祿十六年生まる。父を福増屋六左衞門といひ、裝潢を業
とせり。千代の幼年に就いては詳...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
曹洞宗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金龍山天徳院の頭寺として寺領を有し、各一方に雄視するあり。而して羽咋郡の古刹永光
寺は、金澤の淨住寺・石川郡の大乘寺と共に、皆草創の由來頗る赫々たるものあるに拘ら
ず、寶圓寺が藩祖前田利家の歸依したる大透圭徐...