石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤三社拜領地顯正寺金澤卯辰拜領地感應寺金澤卯辰拜領地最勝寺金澤卯辰拜領地乘龍寺
金澤卯辰地子地出雲寺石川郡廣岡村寄進地道入寺石川郡宮腰地子地西照寺河北郡横山村拜
領地高勝寺珠洲郡三崎寺家村拜領地寺領七十五石内...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
千代は石川郡松任の人にして、元祿十六年生まる。父を福増屋六左衞門といひ、裝潢を業
とせり。千代の幼年に就いては詳か...
第一章 領主及び領土
豐臣時代に於ける前田・丹羽・堀・溝口・村上諸氏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
寺には溝口秀勝を、小松には村上義明を置きて、共に長秀の與力たらしめき。この時秀吉
は、又利家の子利長に石川郡の内松任四萬石を與へしに、利長はその前領越前府中を返還
して松任城に移れり。十三年四月丹羽長秀歿し、そ...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突抽籤の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
るに藩政の末期に及びて富突再び大に行はれ、これを以て公共の費用を補充する方法とし
て利用せしものあり。石川郡鶴來町及び松任町に行はれたるものは皆是にして、天保以降
橋梁の修築・社寺の再興・天變地異による窮民の救...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
中濱鶴汀 岡田靜山 狩谷芳齋 榊原拙處 小池池旭 徳田寛所 池田九華 岸井靜齋 村山翠屋 蕪城秋雪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蘭所・三癡・一翁・逸翁・梅下書屋等の號あり。書畫並びに之を能くし、明治八年歿す、
年八十五。小池池旭は石川郡福留の人、初め紫雪と號す。又梅蔭女史ともいへり。江戸に
出でゝ大沼枕山の義妹となり、畫を以て諸國を遊歴...
第五章 殖産製造 第八節 雜業
煙草の耕作
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
煙草の耕作は、石川郡鶴來附近・同郡松任附近・能美郡河合附近等を以て最とせり。鶴來
附近は手取川沿岸の山地にして、河合はその...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
家運復興
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
御國産布・紬抔、關東等交易仕來申候。一、宗旨は一向宗、寺は金澤長徳寺旦那御座候。
一類附父五兵衞母金澤松任屋彌助姊まさ妻本吉明翫屋次兵衞娘きわ娘ちか妹金澤小倉屋次
助妻しげ同當所小竹屋善兵衞妻せい弟佐八郎妹と...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
代)入小屋村にて重傷自刄太田治右衞門貞素二十七歳司令役九月廿四日陸奧(後岩代)瀧
原村領にて戰死[加賀石川郡松任町]次助五十歳役夫七月廿五日越後長岡にて死[越中礪
波郡權正寺村]和助二十四歳役夫同日同所草生津口...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
版籍奉還の出願
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
事。巳二月(明治二年)行政官〔版籍御返上等之卷〕○加賀國河北郡一、高七萬五千七拾
石貳斗貳百六拾八ヶ村石川郡一、高拾六萬六千九百四拾五石九斗八升參百貳拾八ヶ村能美
郡一、高拾壹萬七百參拾六石七斗壹升貳百四拾九ヶ...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
八朔 名月 彼岸 孔子祭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
に挿み、團子を三方に盛りて月前に供するものあるのみ。莢豆を鹽茹にして食することは
一般に行はる。この日石川郡松任に祭禮あり、又所々に八幡祭あり。十六・十七日を石川
粟ヶ崎の祭禮とし、二十一日を同郡鶴來の祭禮と...
第一章 領主及び領土
織田時代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
忠に能美郡を與へ、又戸次廣正を江沼郡大聖寺に置きしが、八年に至り更めて石川・河北
二郡に佐久間盛政を、石川郡松任に徳山則秀を、江沼郡大聖寺に拜郷家嘉を、能美郡小松
に村上義明を封じたりき。之と同時に、能登に在り...
第一章 領主及び領土
前田氏の三州統一
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
七日家康に謁せしに、家康は榊原康政を遣はし、利長が北國平定の功を賞して、丹羽氏の
舊領能美郡八萬石及び石川郡松任四萬石、山口氏の舊領江沼郡七萬石、前田利政の舊領能
登口郡を加賜したりき。利政はこの役に徳川氏を援...
第一章 領主及び領土
加賀藩領村籍
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
合上野下野釜 清 水上 吉 谷下 吉 谷西 佐 良三 ツ 屋三ツ屋野河 原 山佛師ヶ野(以上
山上郷)石川郡[城下金澤町を除く]田井牛坂牛首舘土 清 水(以上金浦郷)茅原七曲西
市ノ瀬下谷白見上原畠尾羽場田 子...
第二章 加賀藩治創始期 第九節 金澤城及び城下
金澤の名の初見に關する誤謬
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
檢するも上記の句を發見する能はず。萬里の作れりといふ聯句に就いては、有澤武貞の著
せる金澤正極圖譜に、石川郡御供田村の農土屋又三郎義休が村巷の口碑を武貞に語りたろ
ことを載せたる中に、この事をも記したるが故に、...
第三章 加賀藩治恢弘期 第六節 社會種々相
長坂新村と潟端新村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
は、亦最も社會政策の成功せるものに屬す。即ち非人小屋開設の後一年にして、綱紀は收
容者を夫婦たらしめ、石川郡野田山の麓に長坂新村を創立して開墾に從事せしめしが、次
いで翌寛文十二年綱紀河北潟の畔に遊獵してその地...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
備荒貯蓄と窮民激増
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
左之通。礪波郡(越中)福田組六家。同郡能美組池尻。新川郡三日市。同泊町。同滑川。
能美郡(加賀)小松。石川郡松任。河北郡津幡。口郡(能登)大町。奧郡宇出津。射水郡
(越中)小杉。射水郡下村。射水郡加納。〆拾三ヶ...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
すゑ
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
又すゑあり。父を相河屋武右衞門といひ、石川郡松任に住して酒造を業とす。すゑ俳諧を
千代に學ぶ。世にその俳號を紫園なりとするものあれども、未だ實證を...
第三章 學事宗教 第八節 科學
算學
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明書なり。然りといへども算學の大に精緻となれるは、關流及び三池流が藩内に傳はりた
る後に在り。算法奉額石川郡松任町若宮八幡神社藏算法奉額算盤七尾市丹後關太郎氏藏算
盤...
第三章 學事宗教 第十節 佛教
白華
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
白華、諱は嚴護、梅隱・西塘・林泉・孤松と號し、所居を古松庵といふ。松本氏。石川郡
松任一向宗東派本誓寺第二十六世の住職なり。白華天保九年十二月を以て生まれ、十三歳
京に上り、海原謙藏・...
第四章 美術工藝 第六節 刀工
藤島系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
ゝ如く、享保の鍛冶取調書にもその名を見ず。思ふに鍛刀不振期に入りて他業に轉じたる
ものなるべし。尚現に石川郡松任に友重の後裔と稱するものありて、舊と道法寺屋と號し
、現に藤島氏を冐すといへども、三郎右衞門の後系...