石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金澤三社拜領地顯正寺金澤卯辰拜領地感應寺金澤卯辰拜領地最勝寺金澤卯辰拜領地乘龍寺
金澤卯辰地子地出雲寺石川郡廣岡村寄進地道入寺石川郡宮腰地子地西照寺河北郡横山村拜
領地高勝寺珠洲郡三崎寺家村拜領地寺領七十五石内...
第三章 學事宗教 第八節 科學
有乂の後系
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
屬して出納の事務に任じたる御算用者多く、城内勤仕の御坊主中にも門下より出でゝ立身
したるもの尠からず。石川郡大野の人に喜多勇松あり。その師承を詳かにせずといへども
瀧川系なるが如く、文久二年喜多川五郎右衞門孟敦...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
横山外記の岡田豐前守に持參したる覺書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
申度存候事。一、往古は白山禪頂せんぢや(千蛇)が池より、見月(附)谷之前へ流出候
川を切、加州能美郡・石川郡境之由之所に、いづれの時分より替候哉、今程は白山より流
候中野川、能美郡・石川郡之境に而御座候事。一、...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
公事場の裁判
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ちその刑場たりし地なりといふ。覺宮腰町錢屋喜太郎手代市兵衞不レ及二赦之御沙汰一、
於レ所刎首之上梟首。石川郡寺中村要藏不レ及二赦之御沙汰一、於二宮腰領之内一磔。右
之者共、先達而於二公事場一禁牢申付置、遂二吟味...
第二章 加賀藩治創始期 第十節 社會種々相
寺中の能
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重と戰ひ、次いで二氏の遺領を併有することを得たり。是に於いて慶長九年戰勝の報賽と
して、諸橋大夫をして石川郡寺中村なる佐那武明神に毎年御事能を興行せしむるの例を開
けり。寺中の能と稱せられて、今尚連綿たるもの是...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
山内庄
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の郷名に從ひて分かつときは、西谷・東谷及び目附谷川以西の荒谷・瀬戸兩村は能美郡山
上郷にして、獨尾添は石川郡味智郷に屬せりといへども、後凡べて山内庄と汎稱し、白山
權現の御庭所たる理由を以て領主を戴くことなかり...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
石川能美二郡の境界
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
尾添川の上流に於ける石川郡と能美郡との境界は、古く見附谷川及び尾添川を以て限れる
が故に、尾添は元と石川郡にして荒谷は能美郡なり...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
岡田豐前守より加賀藩の老臣に與へたる書
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、郷境中野川切に御定に而御差上可レ被レ成との事に候間、若前々より尾添村・荒谷村之
者ども、中野川より北石川郡之内山之内に立入候而右之山役銀出し申に候はゞ、中野川切
に成候而、右貳ヶ村之者自今以後川より北石川郡之...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
誤傳の出自
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
のは、何等かの典據なかるべからざるが、そは實に當時江戸に行はれたる聞書なりとす。
この聞書は、或は加州石川郡宮之腰浦錢屋一件と題せられ、或は前田領珍説といひ、その
内容また隨ひて多少の異同なき能はずといへども、...
第一章 制度法規 第二節 祿制
一村内租率の種々なる例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
石川郡(部)不入道村之事一ヶ村草高一、六百九十六石九斗六升内六百五十石七斗三升長
九郎左衞門免五ッ八厘十九石...
第四章 美術工藝 第一節 繪畫
中濱鶴汀 岡田靜山 狩谷芳齋 榊原拙處 小池池旭 徳田寛所 池田九華 岸井靜齋 村山翠屋 蕪城秋雪
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
蘭所・三癡・一翁・逸翁・梅下書屋等の號あり。書畫並びに之を能くし、明治八年歿す、
年八十五。小池池旭は石川郡福留の人、初め紫雪と號す。又梅蔭女史ともいへり。江戸に
出でゝ大沼枕山の義妹となり、畫を以て諸國を遊歴...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
越前大野郡十六村
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
越前を柴田勝家に與ふるや、天正七年八月勝家は柴田三左衞門勝政に命じて、加賀の國境
なる谷峠を越えて兵を石川郡吉野に進めしめしに、束谷・西谷及び瀬戸の十六ヶ村は之に
服して、貢賦を越前に細るゝを約したりといへども...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
嶺上神祠造營の勅許
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六年白山本宮の長吏澄意は私かに上洛し、古例に倣ひて嶺上神祠造營の勅許を請ひ得たり
。是に於いて綱紀も亦石川郡白山(シラヤマ)・三宮兩村の内百石の地を澄意に與へて長吏
職の料に當て、以て之を厚遇したりき。賀州白山...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
尾添荒谷の引繼
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
途に就けり。而して是等の諸問題中解決の最も困難なりしは出作地に關するものにして、
遂に尾添村の出作地の石川郡に在るものは之を中宮に屬し、瀬戸村のものは木滑に屬せし
めて、幕府領と加賀藩領との交渉を避けんとしたる...
第四章 加賀藩治停頓期 第五節 社會種々相
富突の流行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ても小松の梅林院・金澤の觀音院に於いて私かに主催せるを初とし、明和元年前田駿河守
孝昌が執政たりし時、石川郡の大野湊神社・金澤の神明神社・鹿島郡の石動山天平寺等の
僧徒尸祝が許可を得たるより初めて公行の弊風を馴...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
士人の絶望と農村の窮乏
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
、收穫の期に至らば必ず租米上納の義務を全くすべしとの請書を徴して藩に提出するを例
とせり。然るにこの年石川郡下安江・西念新保・南新保等諸村は上納の望なしとて請書提
出の猶豫を請ひ、定免の法によらずして實地の慘状...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
米艦の警備
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
之夜提灯之事一、足痛に而難レ致二歩行一節人足等之事嘉永七年(安政元年)四月御郡所
異國(裏)船注進飛脚石川郡倉部村渡り〔石川郡旭村倉部區有〕
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
工事開始と魚族の死滅
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
錢屋の工事主任は、初め石川郡笠舞村の新田裁許嘉兵衞に託せしが、嘉永四年嘉兵衞は病
歿したるを以てその子九兵衞をして代らしめ、五年五...
第五章 加賀藩治終末期 第四節 元治の變
小川幸三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
世忠次、前田利家に仕へて戰功ありしが、子孫故ありて祿を放たれ市人に伍せり。幸三の
父忠安、一方と稱し、石川郡鶴來に住して刀圭を業とす。幸三天保七年正月十三日を以て
生まれ、幼にして大志あり。年甫めて十四にして京...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
代)入小屋村にて重傷自刄太田治右衞門貞素二十七歳司令役九月廿四日陸奧(後岩代)瀧
原村領にて戰死[加賀石川郡松任町]次助五十歳役夫七月廿五日越後長岡にて死[越中礪
波郡權正寺村]和助二十四歳役夫同日同所草生津口...