石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第十節 佛教
各宗寺院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
地永久寺金澤卯辰山拜領地寺領五拾石福壽院金澤卯辰地子地養福院能美郡小松拜領地大用
寺能美郡粟津村世尊院石川郡本吉地子地長樂寺河北郡倶利伽羅村拜領地寺領百拾壹石五斗
八升八合外五石七斗山手米觸頭波着寺金澤小立野拜領地...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
米穀缺乏の補填と甘藷栽培
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
て越中には未だこれを有せざりしなり。且つ加賀に在りても、亦天保飢饉の後藩吏關澤房
清が初めてその移植を石川郡本吉に奬勵したりと傳へ、九年に至り從來甘藷は專ら他國産
なりしを以て口錢を徴したりしも、近時領内に之を産す...
第五章 加賀藩治終末期 第二節 黒羽織黨及び海防
關澤房清
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
襲ぎ、馬廻頭に班し、祿二百五十石を受く。七年藩内大に飢ゑし時、自ら資を投じて賑恤
せし所多し。既にして石川郡本吉港の裁許となりしが、恰も凶歳の後を受け、民力の疲弊
甚だしかりしかば、房清は勸めて甘藷を植ゑしめき。本...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
河北潟流毒事件の眞相
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
産する諸品を提供するなきを誓はしめ、鷄卵にも亦同一の制限を加へたるのみならず、九
月初旬に至るまで南は石川郡本吉より北は羽咋郡瀧に亙る海面の漁撈を禁止し、藩侯の一
族に對しては鹽藏せるものゝ外食膳に上すことなからし...
第一章 制度法規 第二節 祿制
扶持米 切米 下行米 扶持方 合力米
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十日に至る偶數日に、祿高三分の二を交付せられ、而して春渡額の三分の一を堂形藏米と
し、殘餘三分の二は、石川郡本吉・能美郡小松の御藏米を以て之に充つ。又九月より十二
月までの分を暮渡といひ、十一月二日より十日に至る偶...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
猿丸祭 灌佛 舟游山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
る日蓮宗寺院に千部法會を行ひ、次いで大海供養あり。この月上巳日、卯辰誓願寺に辨財
天祭あり。中の申日に石川郡本吉の祭禮あり。この頃舟遊山・濱遊を爲すもの多し。
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
重陽 下馬の踊 七 面 祭 猿廻
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
行事なし。小兒菊打と稱する遊戲を試むるものあり。九日より綿入を着用す。十日乾貞寺
に秋葉祭あり。十四日石川郡本吉に祭禮あり。この頃より茸狩を爲すもの多し。十八日よ
り當月中、天徳院門前にて男女編笠を被りて踊る。之を...
第三章 學事宗教 第五節 國學(下)
田中躬之
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
田中躬之、通稱兵庫、菊園と號す。石川郡本吉村の儒醫の家に生まる。少壯京師に至り、
皇學を加茂季鷹に受け、醫術を新宮涼庭に學ぶ。天保五年家に歸り、...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
大睡
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
北潟屋、名は徳右衞門・彌左衞門・前號は帆吹・半睡、又雪花堂・雪中花・九々翁・三葉
庵・山歩人ともいふ。石川郡本吉の産にして、その師承を明らかにせずといへども、恐ら
くは支考の感化を受けたる人なるべし。享保十二年四十...
第三章 學事宗教 第八節 科學
石黒信由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
秋は文化十年三月能登羽咋郡一ノ宮に奉額す。而して信由の弟子越中射水郡の筏井四郎右
衞門滿好に學べる加賀石川郡本吉の岡田理兵衞業次と明翫傳兵衞孟啓は、文化二年三月本
吉の山王社に奉額せり。此等算法の問題と解答とは、皆...
第四章 美術工藝 第二節 陶磁
古酒屋孫次
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古酒屋孫次は石川郡本吉の人、初名を友次郎といへり。曾て伊萬里に至りて陶法を學び、
天保初年郷に歸りて古酒屋孫左衞門の家を襲ぎ...
第六章 經濟交通 第二節 物價
天保の石川能美郡暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
五年・六年の收穫豐饒にして平價に復したりしが、七年には又不作にして騰貴せしかば、
七月晦日夜五つ半時、石川郡本吉領字高濱の松林中に聚合したる群集は、直に本吉なる濱
町の米穀小賣商新村屋仕右衞門の家に亂入し、正壽寺の...