石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
前田勢眞田丸に迫る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
に、政重も亦長徳が先を爭はんとするなりと思ひて陣を進めたりしが、暗夜敵城との距離
を測る能はず、誤りて眞田丸の崖下に迫れり。是を以て士卒皆大に驚けりといへども矢丸
を防ぐの具を有せず、聲を潛めて塹濠の側に伏した...
第二章 加賀藩治創始期 第八節 社稷の危殆
奧村榮頼の致仕
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
めしを以て、榮頼は多く浮浪の徒を驅りて士卒の數を充たし、その戰に臨むや兄榮明の言
を用ひず、昧爽進みて眞田丸を攻めしが、天明くるに及び謬りて餘りに敵城に近接したる
を知り、且つ銃丸雨注したりしかば倉皇として兵を...
第二章 加賀藩治創始期 第七節 大阪兩陣
家康利常を賞す
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
進め、以て増封に代へたりき。今度秀頼企二逆心一、國々え回二調略一候處不レ被レ致二
加判一、去年極月四日眞田丸え執掛、家中面々數多被レ爲二討死一、加之五月七日於二岡
山口一無二比類一合戰斬勝、大坂落居、盡二粉骨一...