石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
眉山
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
眉山、中山氏、通稱大坂屋七右衞門。金澤の人にして俳諧を闌更に學び、北枝の趙翠臺を
繼席せしが、後に翠臺・北...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
北枝
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
書いて見たり消したり果はけしの花』によるものにして、覇充之に序し、空水之が跋を作
る。寛政十一年晩秋、眉山等その追悼會を春日社に營み、句集を北枝會と題す。天保四年
翠臺・年風催主として、墓側に新碑を樹て、梅室...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
千代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
序を加へたる掌中千代尼發句集等あり。若し夫れ千代の追悼句集には、文化四年その三十
三回忌に當り、金澤の眉山等によりて刊行せられたる無射集あり。集中尼の養子白烏が『
あり〱と夢に昔の月の影』の句を薦めたるを見る...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
闌更
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
りても、蒼虬・梅室を初とし、逸庵蘆峰・五松下黄花・槐庵馬來・圃辛亭松菊・柿丸舍擧
遠・冬葉庵一杪・翠臺眉山・園亭鹿古等皆その門より出でたり。闌更寛政十年五月三日芭
蕉堂に歿する時七十三。高臺寺の塔頭月眞院に葬...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
庵號の繼承
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、次いで闌更の歿したる翌々寛政十二年には、蒼虬その南無庵と、南無庵の別稱たる芭蕉
堂とを承けたりき。又眉山は蒼虬よりも早く闌更の門に入れりと思はるゝ俳人なるが、北
枝の系を享けて趙翠臺を繼ぎ、後に修して翠臺と...
第三章 學事宗教 第六節 俳諧
古來
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
古來、森下屋氏、名は甚兵衞。能美郡安宅に生まれ、金澤の町役人となる。俳諧を眉山
學び、初號を固來といひ、所居は孤凮庵、後に松裏庵及び幾曉庵を繼席せり。曾て猿丸宮
集を珍藏す。即ち集...