石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
天保四年以降封内に飢饉あり、七八年に至りて最も甚だしく、錢貨の相場漸く上昇して、
預銀手形百目に對し錢六貫文餘となる。依りて八年七月十八日預銀手形百目代錢十貫文の
相場...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
預銀手形の相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
預銀手形の相場は正銀よりも稍廉にして、金一兩に對し預銀手形六十八匁を普通とせり。
然れどもその甚だしく低下せる場合に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
色の紙を用ひたりき。翌文政九年四月四日町會所令して、此の月廿五日を限り預錢手形を
停止す。これ頃日錢の相場漸く低落したりしを以てなり。然るに同年十二月廿三日、錢
復騰貴して融通圓滑を缺きしを以て、去年六月...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
新貨比較通解
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
札何十何貫何百何十何文の數額を以て、上下の取遣り相定有レ之分は、去る辛未七月十四
日舊藩より大藏省へ屆相場、金一兩に付、元金澤藩札十九貫七百九文、元大聖寺藩札二十
四貫文を以て、金何兩何分と永何百何十何文何分...
第六章 經濟交通 第二節 物價
文化の金澤暴動
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文化八年十月朔日本納の米相場、金澤に於いて銀五十四匁五分に上りしに、同月五日夜城
下の暴民等十間町の中買座を襲撃し、水を注ぎ石を投...
第六章 經濟交通 第三節 市場
加賀藩内の米場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の多きに居りしを以て、高岡の仲買人等この命令を全く理由なきものなりと斷じ、依然と
してその米場に於いて相場取引を行ひ、高岡の外にも越中石動・魚津・加賀松任・小松に
亦地米の賣買を爲すものありて、金澤の米場は勢...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米仲買起請文
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
候者於二見聞仕一者、無二用捨一中買肝煎迄相斷可レ申御事。一、御算用場御拂米竝御給
人御拂米之砌、時々之相場を以買請、且入札御拂之節、互に申合手立ヶ間敷儀毛頭仕間敷
候。若心得違者御座候者、不レ依レ誰急度中買肝...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
相場
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
正月四日、米商人初相場を立つ。
第五章 殖産製造 第八節 雜業
御料紙由緒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
爲レ在二御座一、其節者同村本泉寺御小休被レ遊候。寛永十六年、今年より御年貢米御藏
納仕、御料紙代時之米相場を以銀子に而御渡相成候。然處御免之御郡役之儀、外村同樣に
相成。雖レ然御料紙御用之夫役村中より相勤候に...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
明治新貨との交換
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
治四年七月金澤縣は、七月十五日の大藏省布達に基づき、同月十四日に於ける金澤・小松
・所口・高岡・魚津の相場を平均して、金一兩(一圓)に付錢札十九貫七百文の相場なる
ことを決定し、大聖寺縣も同じく金一兩を錢札二...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
亦惡紙幣によりて市場より驅逐せられたりしかば、米價忽ち向上して、六年三月二十七日
金澤に於ける米一石の相場銀二百三十五匁となり、遂に四月十二日には暴民蜂起にて、米
商人たる森下町の釣部屋仁兵衞・茶屋三郎兵衞・...
第六章 經濟交通 第二節 物價
享和文化間の米價
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年七月四十七匁┃文化三年十月四十四匁五分但し此等は金澤の半納期及び本納期に於いて
本年收納すべき新穀の相場なるが故に、實米は之よりも尚多少高價なりしなり。而してこ
相場の五十五匁を超過するときは米穀を購入す...
第五章 加賀藩治終末期 第一節 奧村榮實の献替
天保の徳政
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
あらじ。其安うする所の麥を不レ喰して、其高うする所の酒を呑ことは、未是よからず。
右米壹升。蓋し問屋の相場にして、小賣是高うす。其錢拾貫は、百目の内價にして、錢屋
又利を取。諸人頗借金あり。今亭主の詰る所に因...
第五章 加賀藩治終末期 第三節 錢屋五兵衞
錢屋の財産
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
年中に於ける米一石の價は藩札銀五十匁にして、銀五十匁は金三歩一朱餘に相當せしが故
に、假に一石三十圓の相場として今の貨幣に換算せば、三百萬兩は即ち一億一千萬圓を超
えたりとすべし。錢屋一族の刑せらるゝや藩吏そ...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
先鋒總督金澤に入る
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
・皆納、並錢金穀共細密取約、早速本陣え可二申出一事。此儀徳川料預り之箇所無レ之候
。一、古金銀當分地下相場を以無二差支一通用可レ致之御書付、且爲二融通一洋銀一枚ニ
付金三分之當りを以無二差支一交遣可レ致旨御書...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
平士並たりし者の現石算出法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
六百俵已下は三分の一渡レ之事。但渡米一俵に不レ滿分は代錢渡レ之事。一、飯米之外、
渡月揃三ヶ月能越平均相場を以代錢渡レ之事。一、從來知行之人々、來午年者、九月代錢
渡見積り中勘、七月繰上相渡、本勘十二月渡候節...
第五章 加賀藩治終末期 第九節 版籍奉還
太政官廳舍造營建議
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
く視察し爲二申達一、外探索方等捕亡卒の者を以時々仕ひ立申候事。一、官祿別紙之通相
改、渡り月前三ヶ月時相場平均を以相二渡之一候事。一、士族・卒之外等級無レ之儀、昨
年改革之節取定申渡置候事。一、仲間・小者今般...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
半納
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
七月朔日を士家に在りては半納の朔日と稱し、商人は當年收穫せらるべき米相場を定む。
この頃尚新穀は收納せられずといへども、知行高の半額は當日を以て收納したる名義とな
り、士家は之...
第二章 儀式慣習 第二節 風俗
本納 扶持米支給
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
十月朔日知行取の士に、殘餘半額の收納米を下附せらる。之を本納と稱す。この日本納
定まる。二日扶持米取の者に、十月朔日より明年正月晦日までの扶持米を支給せらる。
第五章 殖産製造 第五節 鑛業
寶達金山の埋沒
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
匁九分七厘朱封銀右者玉金子五十七匁八分指上申代銀として請取申候。直段之儀は、金澤
てんひんや(天秤屋)相場書指上申處如レ件。能州ほうだつ金山寛永廿年八月六日三右衞
門判河合傳次殿青木與兵衞殿福田彦左衞門殿〔貨...