石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札發行の理由
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
この銀札發行に關しては、夙く寶暦三年より世評に上りたりしが、藩は遂に之を實施する
に決し、五年二月八日を以て通用十...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
前に述べたる兩替商發行又は町會所發行の銀子預手形は、藩の財政當局たる御算用場の直
接に關する所にあらず。文政八年の新銀子預手...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の種類
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
仲預銀手形は、當初百目札のみなりしが、文政十年閏六月その一部を以て、十匁・五匁・
三匁・一匁の小割札を發行し、次いで十一年七月には五十目札を發行せり。この時より番
號の上にいろは等の符號を加ふ。次いで天保二年...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀札の發行
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
人・銀包方二人・錢調方五人・入口方二人を置き、七月朔日その通用の初に當りて、直に
正銀を停止して假札を發行し、次いで十月十八日に至りて本札を發行し、札座に於いて先
の假札と交換せり。その種類は、百目・五十目・...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
れ亦町奉行山崎小右衞門・高畠木工二人の權限により、町會所に於いて製造したるものに
して、兌換紙幣とし、發行額も亦隨つて多からざりき。その手形の種類は、五百目・三百
目・二百目・百目・五十目・三十目・二十目・十...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
大聖寺藩の札遣
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
飜つて大聖寺藩に於ける紙幣發行の沿革を考ふるに、加賀藩よりも早く、元祿十四年九月
廿三日より銀十匁以下二分までの銀札を發行して正銀と...
第六章 經濟交通 第三節 市場
米穀賣買の方法
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
藏米切手といふあり。一に御印物とも稱せられ、一枚に記載せらるゝ數量百石又は百五十
石とし、御算用場より發行せられ、無記名式とす。又給人の拂米切手あり。給人より藏宿
に宛てゝ發行するものにして、『覺、一、何石何...
第三章 加賀藩治恢弘期 第三節 白山爭議
平泉寺と尾添及び石徹白との爭
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
と誤認せしむるの恐あるのみならず、別山及び別山室を大和の管轄なるが如く主張し、別
山の梵字ある札寳印を發行し、或は別山室に於いて登山者の白衣に梵字を押捺するは、白
山の別當として朱印領を有する平泉寺の權利を侵...
第四章 加賀藩治停頓期 第二節 財政逼迫
銀札發行の失敗
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
重教が銀札を發行したるは寳暦五年七月に在りき。當時政局に當る老臣は、本多安房守政
行・前田駿河守孝昌・長九郎左衞門善連...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
新銀預手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
文政八年三月幕府は新に文字金銀貨を發行せんとせしを以て、藩をして一貫目・五百目・
百目の新銀預手形を發行して民間に藏する古金銀を引上げしめし...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
町會所發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
あり。文政八年六月封内に錢貨尠くして融通の便を缺きしを以て、金澤町會所に於いて御
算用場の加印を得之を發行したるを初とし、一貫文・五百文・百文・五十文の四種あり。
預錢手形は表面に錢何程と記し、黄色の紙を用ひ...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行の預錢手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の兩替商等皆營業し能はざるに至りしを以て、彼等は藩に請ひて、各自百文より一貫文に
至る輕便の預錢手形を發行せしも、錢貨は尚依然として市場に現はるゝに至らざりき。こ
は全く錢貨の定相場なるに源因するものなるを以...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
加賀藩發行の錢札
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
用場取扱の銀札とせしこと前に言へる如くなるが、明治元年政府は銀の通用を廢したるを
以て、五月藩は錢札を發行し、錢札百文を銀札一匁に相當することを定め、漸次銀札の交
換引上を行はんと計畫せり。錢札の種類には、十...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀貨
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
らしめんと欲し、秀吉に請ひてその事務に熟練せる後藤用助を得、別に矢田主計を相司た
らしめ、金澤に於いて發行したるなりといはる。然りといへども老臣奧村氏の家譜を案ず
るに、天正十二年九月同家の祖永福が、末森城を...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀座及び吹座の沿革
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
花降銀發行の後、幾くもなく後藤用助・矢田主計の二人は銀位を劣等ならしめたるを以て
、共に三年間の蟄居を命ぜられ、...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
金銀錢貨の交換比例
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
金貨・銀貨及び錢貨の公定交換比例は、寛文七年幕府發行の金銀貨が充實したりし後は、
金一兩を銀六十四匁とし、金一分を銀十六匁、金一朱を銀四匁とし、錢貨はその...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
兩替商發行手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
宗左衞門・升屋次右衞門・森下屋九郎次郎・木屋孫太郎等は、藩の御算用場の認可により
て、銀子預手形を製造發行せしことあり。この手形は、坊間に銀貨少く、商取引の圓滑を
缺きしを以て、之が補足を計りたるより起りたる...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
銀仲預銀手形の繼續
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
至るも、到底この銀仲預銀手形を回收して、正銀を仕拂ふの準備なかりしかば、交換の爲
に新手形を造りて之を發行したるのみならず、翌十年三月更に百目手形總額二千五百貫を
増發して、正銀と混用すべきを命じたりき。かく...
第六章 經濟交通 第一節 貨幣
御算用場の預銀手形
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
を引換ふるの餘裕なかりしかば、在來の銀仲預銀手形に増印を施して通用せしめしなり。
六年七月また新手形を發行す。その形稍從來より小にして、百目に麟麟、五十目に竹に虎
、十匁に牡丹に唐獅子、五匁に紅葉に鹿、三匁に...
第六章 經濟交通 第二節 物價
藩の財政窘迫
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
年の頃より米價下落して諸士窮乏を訴へしも、藩は之を救濟するの手段なかりしを以て、
五年七月初めて銀札を發行せり。この時銀札の流通を圓滑ならしめんが爲、正銀の使用を
停止し、錢貨も亦惡紙幣によりて市場より驅逐せ...