石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
英米船の來航と加賀藩の艦船
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
たる帆船駿相丸は、十五日金石港に回航せられてその勇姿を顯はせり。凡そ加賀藩の艦船
は是より前文久二年に發機丸あり。慶應元年に李白里丸・有明丸あり。同年發機丸の機關
を上海に改造して錫懷丸と稱す。而して駿相丸の後...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍出征と長藩の歸順
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
ざりしが、十二月四日に至り初めて四千餘人を船二十二艘に分乘して出帆せしめ、七日に
は連恭も亦藩有の汽船發機丸に搭乘せり。然るに強風尚止まずして操舵意の如くならざり
しかば、連恭は十四日纔かに安藝國安藝郡江波村に...
第五章 加賀藩治終末期 第五節 征長の役と南越の陣
藩軍の凱旋
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
の諸隊は慶應元年正月三日以降歸途に上りへ連恭も亦七日禪林寺を發し、小舟に乘じて宇
品に着し、十一日には發機丸に搭し、十四日兵庫に至る。その日飛船を傭ひて安治川より
大坂に入り、十五日淀川を上り、十六日建仁寺に歸...
第三章 學事宗教 第一節 學校
鉤深館
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、藩士大坪岩次郎(後改世愼)・河越良輔(初内山震太郎又は角良輔)と共に教授の任に
當らしめ、同時に汽船發機丸(後錫懷丸)を購入して實地の航海を練習せしむることゝせ
り。次いで慶應元年十月前田齊泰は汽船一隻を購ひ...
第三章 學事宗教 第八節 科學
田中信吾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
學とを修め、遂に推されてその塾頭となる。居ること七年、文久二年に至りて郷に歸り、
翌年藩命を受けて軍艦發機丸の醫務を督す。次いで慶應元年八月醫學教師となり、壯猶館
に於いて醫書の譯課を兼ぬ。信吾常に醫育の革新を...
第三章 學事宗教 第九節 兵學
鹿田文平
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
六十石を賜ひ、壯猶館教師に補し、洋書飜譯を命ぜられ、尋いで炮臺築造の爲に能登海岸
を巡り、文久二年軍艦發機丸の機械調理方に轉じ、元治元年六月大炮方裁許となる。この
年八月長州征討の軍起り、文平は之に從ひしも幾く...