石川県立図書館/大型絵図・石川県史

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
戰歿者
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
日越後筒場村にて戰死吉本仁三郎政久十 八 歳隊卒同伍堂與三兵衞春房三十九歳隊卒同日
同所にて負傷、柏崎病院にて死勝村初左衞門武繼四十一歳司令役七月廿九日越後長岡にて
戰死長田佐左衞門種因四十五歳司令役[九月廿...
第三章 學事宗教 第一節 學校
醫學館 卯辰山貧病院
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
明治元年十月黒川良安は藩命を受けて、その子誠一郎及び横井三柳二人を伴ひ、長崎に至
りて醫學校及び病院の制度を調査し、翌二年五月二十日人體模型・醫療機械・藥品品び長
病院教師マンスルト氏の講義録を購ひて...
第三章 學事宗教 第八節 科學
田中信吾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
、壯猶館に於いて醫書の譯課を兼ぬ。信吾常に醫育の革新を以て念とし、先輩黒川良安等
と共に屢當路に説くに病院設立の必要を以てせしかば、藩は遂に之を容れ、卯辰山に養生
所を興し、醫生の養成と患者の診療とを開始せし...
第五章 加賀藩治終末期 第六節 藩末の改革
卯辰山の開拓
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
を金澤城東卯辰山の開拓となす。この年度寧は福澤諭吉が著したる西洋事情を繙きて、歐
洲に於ける貧民救濟と病院設備の状を記するを見大に感ずる所あり。乃ち卯辰山を開拓し
てこれを經營せんと欲し、三浦八郎左衞門賢高・...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
小川隊の森立峠の戰
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
來の戰鬪に兵數を減じ、且つ疲憊せる者多かりしを以て大に防禦に苦しめり。時に監察神
田辰之助病みて成願寺病院に在りしが、藩兵の苦戰するを聞き轎に乘りて戰線に進み、同
病院に在りし養生兵も亦杖に倚りて來り加り、士...
第五章 加賀藩治終末期 第七節 北越戰爭
青地隊と小川隊との交代
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第二編
この時先に負傷したる小川隊長は、柏崎病院に在りて加療せしが金澤に後送せらるゝこと
ゝなり、且つその隊員も開戰以來功績最も著大なりしを以て、藩は...
第三章 學事宗教 第一節 學校
蘭醫の來著
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
速なる能はざりしが、明治三年十二月に至り藩廳は、彼の到著將に近日に在るべきを以て
十五日より醫學館内の病院を開き、四民隨意に治療を請ふを得しめ、又病院に寄宿して受
療することをも許したりき。患者の中、食料・藥...
第三章 學事宗教 第八節 科學
伍堂卓爾
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
び、慶應元年長崎に往き、三年その地の精得館に入り、蘭人醫學教師マンスフエルトの教
を受け、爾後職を長崎病院に奉ぜり。明治二年三月卓爾藩命によりて歐洲に赴き、和蘭ユ
ートレヒトに在りしが、その學ぶ所皆初等の普通...
第三章 學事宗教 第八節 科學
馬島健吉
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
辯係となり、醫學館教師を兼ぬ。然るに五年醫學館廢せられたるを以て、健吉等私費を以
て之を維持し、後金澤病院の醫員となり、啓明學校の教師となり、又石川縣福井公立醫學
所教授となり、福井病院長となりしが、十五年辭...
第三章 學事宗教 第一節 學校
卯辰山養生所
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
田淳三・太田美農里・田中信吾相繼ぎて之が棟取に任ぜられ、學理の研究と共に臨床治療
に從事せり。これ即ち病院を置きたる始にして、當時入院患者三四十名ありしといふ。養
生所の構造は、數棟の病室を分かちて上中下の三...
第三章 學事宗教 第八節 科學
津田淳三
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
の教師となれり。五年四月醫學館の閉鎖するや、淳三は同志と謀り、私費を以て之を繼續
し、八年石川縣立金澤病院となるに及び、その主務醫となりしが、十年老を以て辭し、十
二年十月病みて歿せり。年五十六。著す所脉論そ...
第三章 學事宗教 第八節 科學
太田美農里
石川県立図書館/大型絵図・石川県史    石川県史 第三編
澤醫學館教師となり、五年廢館の後同志と共に私費を以て醫學館の維持を計り、十年津田
淳三の後を受けて金澤病院主務醫となり、十三年に至るまで勤續せり。後二十九年四月功
を以て勅定の藍綬褒賞を賜ひ、四十二年齡七十九...